アイリバー、有機ELディスプレイ搭載のデジタルオーディオプレーヤーに新色——クールな「RED LINE」は容量8GB | RBB TODAY

アイリバー、有機ELディスプレイ搭載のデジタルオーディオプレーヤーに新色——クールな「RED LINE」は容量8GB

IT・デジタル その他

Clix2(RED LINE)
  • Clix2(RED LINE)
 アイリバー・ジャパンは25日、アクティブマトリックス式有機EL(AM OLED)ディスプレイを搭載するデジタルオーディオプレーヤー「Clix2」シリーズに新色のRED LINE(レッドライン)モデルを追加。容量はシリーズ最高となる8GBと、4GBのモデルが用意されている。直販サイトでの販売価格は8GBモデルが32,800円、4GBモデルが27,800円。8月10日発売。なお、7月25日より直販サイトにて「ディスプレイ保護シート」付き、iriver zone各店にて「iriverオリジナルTシャツ」付きの先行予約を受け付けている。

 同製品は、アクティブマトリックス式有機ELディスプレイを搭載。カラー再現性とコントラストに優れ、美しい映像表示を実現している。操作方法には、画面の上下左右を直接クリックする「ダイレクト・クリックシステム」を採用している。今回発表された新色のRED LINEモデルは、ブラックの本体外周部にレッドのラインをあしらっている。また、8GBモデルには、テーマファイル「BLACK TOUCH」を収録。RED LINEにマッチしたシックなユーザーインターフェースで、さらに楽しい操作感を提供するとしている。

 音質面としては、3Dサウンド技術「SRS WOW」をサポート。多彩なサウンドクオリティから好みの音質にカスタマイズすることができる。また、7種類のプリセットイコライザと、周波数領域を自由に調節できるカスタムイコライザを搭載している。そのほか、スライドショー機能や、FMラジオ予約録音機能、内蔵マイクによるボイスレコーディング機能などを備える。

 オーディオの周波数帯域は20Hz〜20kHz、ヘッドホン出力は17mW×2ch、S/N比は90dB。音楽ファイルは、MP3/WMA/OGGのほか、Windows Media形式のDRM10にも対応する。動画対応ファイルはMPEG-4/WMV9。JPEGやテキストの表示にも対応する。ディスプレイは2.2型で、表示色は26万色。インターフェースはUSB2.0に対応。本体サイズは幅80.3×高さ46.8×奥行き12.8mm。重さは55g。
《》

関連ニュース

特集

page top