東芝、ソニー製バッテリ搭載ノートPCで発火事故——バッテリ無償交換を実施 | RBB TODAY

東芝、ソニー製バッテリ搭載ノートPCで発火事故——バッテリ無償交換を実施

IT・デジタル ノートPC

PC本体の底面にあるラベルで型番・製造番号を確認できる
  • PC本体の底面にあるラベルで型番・製造番号を確認できる
  • PC本体の底面にあるラベルで型番・製造番号を確認できる
 東芝は、同社製ノートPCに搭載するソニー製バッテリパックにおいて発火事故が発生したとして、バッテリパックの無償交換プログラムを実施。今回の自主交換の対象となるバッテリパックは、昨年秋より実施してきたノートPCバッテリパックの自主交換プログラムで対象となっていたものとは異なるため、東芝は消費者に対し、改めてバッテリの確認・交換を呼びかけている。

 東芝の発表によると、バッテリ製造元であるソニーとの調査の結果、一部生産ロットのバッテリにおいて不具合が発生した可能性があり、安全上の問題に至る可能性があることが判明したという。該当するバッテリパックを搭載するPCは、2006年1月から4月頃に製造された東芝製ノートPCで、バッテリパックの型番は「PABAS067」「PABAS076」の2種。東芝はこれらのバッテリパックの無償交換を実施する。なお、無償交換の対象となるのはバッテリパックのみで、PC本体は対象外としている。

 対象機種、問い合せ先は以下のとおり。

●対象機種(型番/製造番号の左2桁英数字)
・dynabook AX/720LLT(PAAX720LLT/26)
・dynabook AX/720LST(PAAX720LST/26、36)
・dynabook AX/730LS(PAAX730LS/26、36)
・dynabook AX/740LS/LSB/LSK(PAAX740LS、PAAX740LSB、PAAX740LSK/16、26、36)
・dynabook AX/740LSD(PAAX740LSD/26、36)
・dynabook AX/745LS(PAAX745LS/16、26)
・dynabook AX/840LS(PAAX840LS/36、46)
・dynabook AX/840LSB/LSBB/LSK/LSM(PAAX840LSB、PAAX840LSBB、PAAX840LSK、PAAX840LSM/46)
・dynabook Satellite AW4(PSAW41JLWBS3K、PSAW41JLWPS3K、PSAW41JLWPS3L、PSAW41MCWPS3K、PSAW41MCWPS3L/16、26、36、46)
・dynabook Satellite AW4(PSAW41JLWBS3L/26、36、46)
・dynabook Satellite AW4(PSAW41MCWBS3K、PSAW41MCWBS3L/16、26、36)
・dynabook TX/745LS(PATX745LS/16、26、36)
・dynabook TX/750LSB(PATX750LSB/16、26)
・dynabook TX/760LS(PATX760LS/16、26、36)
・dynabook TX/760LSK(PATX760LSK/16、26、36)
・dynabook TX/762LSJ(PATX762LSJ/16、26)
・dynabook TX/770LS(PATX770LS/16、26、36)
・dynabook TX/770LSBI(PATX770LSBI/16、26)
・dynabook TX/850LS(PATX850LS/46)
・dynabook TX/855LS(PATX855LS/46)
・dynabook TX/860LS/LSB/LSBI/LSK(PATX860LS、PATX860LSB、PATX860LSBI、PATX860LSK/46)
・dynabook TX/880LS/LSJ(PATX880LS、PATX880LSJ/36、46)
・dynabook TX/880LSBB(PATX880LSBB/36)
・dynabook VX/780LS(PAVX780LS/26、36)
・Satellite A100(PSAA0Z-024012、PSAA2Z-02M020/26)
・Satellite A100(PSAA0Z-02P012/16、26)

●問い合わせ先(部品交換プログラム窓口)
・電話番号:0120-366-554(フリーダイヤル)
・FAX番号:0120-554-811
・受付時間:9時〜17時(土曜・日曜・祝日・同社指定休日を除く)
《》

関連ニュース

特集

page top