So-net、テレビ視聴時の感情をリアルタイムで共有する「FeelTag」(αサービス)を提供開始 | RBB TODAY

So-net、テレビ視聴時の感情をリアルタイムで共有する「FeelTag」(αサービス)を提供開始

ブロードバンド その他

イメージ
  • イメージ
  • 「FeelTag」画面例
 ソネットエンタテインメント(So-net)は19日、Web2.0のトレンドに沿ったユニークな新規サービスをトライアルで実施する「Web2.0 Salon」において、テレビ視聴時の感情を簡単にリアルタイムで共有できるサービス「FeelTag」(αサービス)を開始した。

 FeelTagは、テレビを視聴していて「楽しい」「悲しい」「驚く」など、シーンによる感情の動きをタグによって他のユーザーと共有するWeb2.0サービス。テレビを視聴して動く感情を4種類の「感情タグ(FeelTag)」ボタンから選んで押すだけで簡単にタグを打つことができるのが特徴だ。

 また、同じ地域(都道府県)で同じチャンネルを見ている他のユーザーが、いつどのタグを押したかを一覧で見ることにより、1人でテレビを見ていても仲間と一緒に見ているような感覚を持つことができ、どのシーンでどの程度盛り上がっているのかも一目でわかるようになっている。さらに、友達などを「テレ友」として登録することにより、チャットのようにコメントを送信することも可能だ。

 なお同サイトでは、7月末に予定されているテレビ各局の参議院選挙特番など話題の番組への視聴者の熱い思いを共有し、その結果も随時集計・発表する予定だとしており、詳しくは開発者ブログで紹介していくという。
《村上幸治》

編集部のおすすめ記事

特集

page top