データセンターの電源問題に直流サーバ——デル、低発熱で給電効率のよい直流電源対応2Uラック型サーバを発売 | RBB TODAY

データセンターの電源問題に直流サーバ——デル、低発熱で給電効率のよい直流電源対応2Uラック型サーバを発売

エンタープライズ その他

PowerEdge 2950
  • PowerEdge 2950
 デルは18日、x64系サーバ「PowerEdge」シリーズの2ソケット/2Uラック型サーバ「PowerEdge 2950」において、直流電源に対応した新モデル「PowerEdge 2950 直流電源構成」を発売した。価格は428,400円から。

 一般的なIT機器は交流電源(AC)入力になっているが、CPUの動作電源は直流(DC)であるため、通常のサーバ環境の電源システムでは、AC(商用電源)→DC(バッテリ給電)→AC(サーバ機器へ入力)→DC(サーバ内部で変換)と3段階の変換が行われている。この3段階の変換の過程で変換ロスや発熱が発生し、結果として無駄な電力が消費されていることになると同社ではしている。

 今回発売されたモデルでは、従来製品である「PowerEdge 2950」に直流対応の電源ユニットを搭載。直流電源によって商用電源からの変換が1回で済むため、変換ロスや発熱量を抑えることができ、給電効率が向上するのが特徴となっている。

 「PowerEdge 2950 直流電源構成」の最小構成は以下のとおり。

●PowerEdge 2950 直流電源構成
 CPU:デュアルコアXeon 5148LV(4MバイトL2キャッシュ、2.33GHz、低電圧)
 メモリ:1GバイトFBDメモリ(2×512Mバイト)
 HDD:80Gバイト(7,200rpm、SATAII)
 通信:オンボードデュアルギガビットNIC
 その他:OSなし、PCI Expressライザー、キーボード/マウスなし、USB→PS2変換ケーブル、冗長化電源、直流電源ユニット、3年間・当日4時間対応オンサイト
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top