NEC、小型・軽量化を図ったA3対応モノクロレーザープリンタなど | RBB TODAY

NEC、小型・軽量化を図ったA3対応モノクロレーザープリンタなど

IT・デジタル ノートPC

マルチライタ8000E
  • マルチライタ8000E
  • PR-MW-SC41
 日本電気(NEC)は18日、コンパクトボディのA3対応モノクロレーザープリンタ「マルチライタ8000E」を発表。9月3日に出荷を開始する。価格はオープンで、予想実売価格は50,000円。また同時に、A3/A4対応のスキャナユニット「マルチスキャナ」2モデルも発表。8月7日に出荷を開始する。

 マルチライタ8000Eは、小型化を図り、コストパフォーマンスにも配慮したA3対応モノクロレーザープリンタ。高さを295mmに抑えたことで、狭い場所での設置に対応。16.7kgと軽量化を実現したため、設置場所の変更も手軽に行える。

 機能面としては、A4横で毎分21ページの高速印刷が可能。また、約15秒でのウォームアップを実現している。そのほか、消耗品の交換や用紙の補給がすべて前面から操作できるなど、使い勝手にも配慮している。標準ホッパと、ハガキや封筒に対応している手差しトレイの2種類の給紙口を備える。

 印刷方式は、レーザービーム乾式電子写真方式。標準ホッパの最大給紙容量は250枚。手差しトレイの最大給紙容量は、普通紙30枚/ハガキ10枚/封筒5枚。本体サイズは幅459×高さ295×奥行き463mm。重さは16.7kg。

 マルチスキャナは、A3対応の「PR-MW-SC51」と、A4対応の「PR-MW-SC41」が用意されている。価格はそれぞれ298,000円、198,000円。

 ともに従来モデルの高速高画質スキャンなどの基本性能を継承しつつ、使い勝手の向上を図っている。PDF/JPG/TIFFなどのファイル形式やカラーモード、読み取り解像度などのスキャン設定をカスタマイズして保存できる。読み取り解像度は200〜600dpiの間で、1dpi刻みで設定が可能だ。そのほか、自動両面原稿送り装置を備えるため、最大50枚までの文書を連続的にスキャンできる。

 PR-MW-SC51は、モノクロで毎分40ページ、カラーで毎分23ページの読み取りが可能。読み取りサイズは最小で15×15mm、最大で297×432mm。本体サイズは幅582×高さ209×奥行き658mm。重さは24kg。

 PR-MW-SC41は、モノクロで毎分31ページ、カラーで毎分20ページの読み取りが可能。読み取りサイズは最小で15×15mm、最大で215.9×297mm。本体サイズは幅448×高さ194×奥行き502mm。重さは15kg。
《》

関連ニュース

特集

page top