OKI、携帯機器用の高精度なアイリス(虹彩)認証ミドルウェアを実用化 | RBB TODAY

OKI、携帯機器用の高精度なアイリス(虹彩)認証ミドルウェアを実用化

エンタープライズ モバイルBIZ

携帯電話によるアイリス認証の原理
  • 携帯電話によるアイリス認証の原理
 沖電気工業は17日、モバイル機器向けのアイリス(虹彩)認証を実現するミドルウェア「モバイル機器向けアイリス認証ミドルウェアVer1.0」を発売した。出荷は2007年7月より開始する。価格は個別見積もり。

 モバイル機器向けアイリス認証ミドルウェアVer1.0は、モバイル機器などの汎用(可視光)カメラを利用することにより、専用センサー不要でFAR:1/100,000という高精度な利用者の認識が可能となる「携帯アイリス認証技術」に必要な機能を一体化したミドルウェア。CPUやメモリなどモバイル機器の限られた能力に対応させるほか、Symbian、WindowsMobile 2003、Windows XPなど幅広くさまざまなOSで動作可能としている。

 同社では今後2年間で200万ライセンスの販売を目指している。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top