NTTドコモ、Super 3Gの実証実験を開始!下り最大約300Mbps実現を目指す | RBB TODAY

NTTドコモ、Super 3Gの実証実験を開始!下り最大約300Mbps実現を目指す

エンタープライズ モバイルBIZ

Super 3G実験装置構成
  • Super 3G実験装置構成
 NTTドコモは、第3世代移動通信W-CDMA方式の発展に向け、Super 3Gシステムの実証実験を7月より開始したと発表した。実験では、下り最大約300Mbpsの伝送速度を目指す。

 Super 3Gは、W-CDMAの標準化団体3GPPにて、Long Term Evolutionと称して標準仕様作成の作業が進められている。この標準化作業の進展に合わせ、同社は2006年7月にSuper 3Gの装置開発に向けたメーカ募集を行い、開発に着手した。今回の実験は、新たに開発したSuper 3G試作装置を用いてSuper 3Gの高速無線伝送能力の評価を室内伝送実験により行う。当初は送信および受信アンテナ数をそれぞれ1本とした基本性能確認を重視した実験から開始し、最終的には基地局送信および移動局受信にそれぞれ最大4本のアンテナを用いた下りMIMO伝送機能の追加により、下り最大約300Mbpsの伝送速度を実現する。また、2つの基地局を用いたハンドオーバーを含む動作試験も行われ、移動を想定した環境においても安定した通信が実現できることを実証する。さらに音声・画像伝送・ゲームなど各種アプリケーションを用いて商用化に向けての実用性を検証する。2009年の開発完了を目指すとしている。
《RBB TODAY》

特集

page top