ペンタックス、有効800万画素で18mmの薄型ボディを実現したコンパクトデジカメ——使いやすいエントリーモデルも | RBB TODAY

ペンタックス、有効800万画素で18mmの薄型ボディを実現したコンパクトデジカメ——使いやすいエントリーモデルも

IT・デジタル デジカメ

M40(シルバー)
  • M40(シルバー)
  • 2.5型ディスプレイを装備する背面
  • M40(パープル)
  • M40(ブラウン)
  • E40
  • 2.4型液晶ディスプレイを装備する背面
 ペンタックスは12日、コンパクトデジタルカメラ「オプティオ」シリーズの新モデルを発表。「ペンタックス オプティオ M40」「ペンタックス オプティオ E40」の2モデルが用意されている。M40は8月上旬発売で、予想実売価格が2万円台後半。E40は8月下旬発売で、予想実売価格が20,000円前後。

 M40は、有効800万画素でコンパクトボディを実現したスタンダードモデル。E40は、有効810万画素で操作性に配慮したエントリーモデル。ともに光学3倍ズームレンズを搭載し、デジタル4倍ズームとあわせて最大12倍相当のズーム撮影が可能。手ブレや被写体ブレを防ぐ「Digital SR」モードや、人物の顔を検知してピントを合わせ、逆光でも最適な露出設定を自動で行う「顔認識AF&AE」機能を備える。また、カメラ本体が被写体の状況を自動認識し、「風景」「ポートレート」「夜景」「標準」の中から適した撮影モードを選択する「オートピクチャー」モードも快適な撮影をサポートする機能だ。

 M40は、薄型バッテリーの採用と、回路基板の小型化などにより、18mmの薄型ボディを実現。外装にはアルミ合金を採用し、質感を高めている。ISO3200までの高感度撮影に対応、Digital SRモードで速いシャッタースピードでの撮影が可能だ。多彩なストロボ機能も備え、大光量ストロボを使用すれば最長で約15.5m離れた被写体まで明るく鮮明に写すことができるという。一方で近接撮影時用として、発光量を抑えて人物の肌などの白とびを防ぐ「ソフトフラッシュ」も備える。

 そのほか、「美肌」「花」「ペット」「料理」など、選択するだけで露出やホワイトバランスなどが最適に設定される16種類の撮影モードを搭載している。撮像素子は1/2.35型CCD。焦点距離は35mm判換算で36〜108mm。開放F値はF3.1〜5.9。約15万画素の2.5型TFTカラー液晶ディスプレイを搭載する。記録方式は静止画がJPEG、動画がMotion JPEG、音声がWAVに対応。記録メディアはSDメモリーカード(SDHC対応)で、21.9MBのメモリも内蔵する。バッテリーは充電式リチウムイオンバッテリー。本体サイズは幅97.5×高さ57.5×奥行き18mm。重さは115g。カラーはシルバー/パープル/ブラウンの3種類。

 E40は、シンプルで分かりやすい操作性を採用したエントリーモデル。静止画撮影時に、ボタン一押しで撮影シーンに応じた各種設定を自動で行う「グリーンモード」を搭載。また、単3形電池に対応するため、急な使用にも安心だ。省電力設計により、アルカリ電池使用時で、約240枚の撮影が可能だという。

 撮像素子は1/2.5型CCD。焦点距離は35mm判換算で37.5〜112.5mm。開放F値はF2.8〜5.2。約11万画素の2.4型TFTカラー液晶ディスプレイを搭載する。記録方式は静止画がJPEG、動画がMotion JPEG、音声がWAVに対応。記録メディアはSDメモリーカード(SDHC対応)で、10MBのメモリも内蔵する。バッテリーは単3形電池×2を使用。本体サイズは幅94×高さ60×奥行き24mm。重さは130g。カラーはシルバー。
《》

関連ニュース

特集

page top