富士通FIP、ミラポイントの製品を利用した「メールセキュリティASPサービス」 | RBB TODAY

富士通FIP、ミラポイントの製品を利用した「メールセキュリティASPサービス」

エンタープライズ その他

メールセキュリティASPのシステム図
  • メールセキュリティASPのシステム図
  • サービスのメニュー体系
 富士通エフ・アイ・ピーとミラポイントジャパンは9日、富士通エフ・アイ・ピーのAODプラットフォームサービスのメニューにおいて、「メールセキュリティASPサービス」の提供を開始した。

 メールセキュリティASPサービスは、ミラポイントのメールサーバ「Mirapoint Message Server」、メールセキュリティ「RazorGate」、およびメールアーカイブ「Mirapoint RazorSafe」を利用したASPメッセージングサービス。データセンターはITサービスマネジメントシステム(ITSMS)の国際認証規格、ISO20000などの各種認証を取得し、高度なセキュリティ環境を備える富士通エフ・アイ・ピーのものが採用されている。

 すでに、第1号ユーザとして教職員・学生数1,200名の東京高専への導入が決定している。両社では4年間で10億円の販売を目指すとのことだ。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top