カシオ、書道を学ぶ人に最適な「筆順大字典」収録の電子辞書 | RBB TODAY

カシオ、書道を学ぶ人に最適な「筆順大字典」収録の電子辞書

 カシオ計算機は29日、同社製の電子辞書「エクスワード」シリーズの新ラインアップとして、東京書道教育会の「筆順大字典」など50コンテンツを収録したモデル「XD-SW6000」を発表した。価格は54,600円で、7月25日発売。

IT・デジタル その他
XD-SW6000
  • XD-SW6000
 カシオ計算機は29日、同社製の電子辞書「エクスワード」シリーズの新ラインアップとして、東京書道教育会の「筆順大字典」など50コンテンツを収録したモデル「XD-SW6000」を発表した。価格は54,600円で、7月25日発売。

 同製品は楷書/行書/草書(各2,700字)の字形および筆順が確認できる筆順大字典を収録する電子辞書。行書/草書については筆順の異なる「くずし字」(各1,945字)も収録するなど、書道を学ぶ人に最適な仕様とした。また、筆順表示には「追い番号方式」を採用しており、漢字の一点一画を番号順に追って書くことで、正しい筆順を覚えることができるように配慮されている。

 筆順大字典のほか、「広辞苑」「明鏡国語辞典」「日本語大シソーラス 類語検索大辞典」など34種類の日本語系コンテンツや、「ジーニアス英和辞典(第3版)」「英会話とっさのひとこと辞典」といった英語系コンテンツ、百科事典など、計50コンテンツを収録。肉声の子音や母音まで忠実に再現するという、約85,000語の英単語ネイティブ発音機能も備える。また、本体に「手書きパネル」を装備しており、英語のディクテーションや漢字の書き取り学習ができるほか、手書き入力することで読み方の分からない漢字の検索にも対応する。

 解像度480×320ピクセルのバックライト付き5.0型液晶ディスプレイを搭載。容量50MBのメモリを内蔵するほか、SDメモリーカードスロットを装備しており、コンテンツの入れ替えや追加をサポートする。インターフェースはUSB/ヘッドホン出力。電源は単4形電池×2で、連続駆動時間(英和辞典の訳表示で連続放置、バックライト消灯時)は約130時間。本体サイズは幅144.5×高さ17.2×奥行き101.3mmで、重さは285g(電池含む)。タッチペン、手書きパネル用保護フィルム、専用ヘッドホンなどが付属する。
《》

関連ニュース

特集

page top