オンキヨー、HDMI Ver.1.3a対応のAVコントロールアンプ——「HQV Reon-VX」を採用 | RBB TODAY

オンキヨー、HDMI Ver.1.3a対応のAVコントロールアンプ——「HQV Reon-VX」を採用

 オンキヨーは28日、AVコンポーネントブランド「Integra」シリーズから、HDMI Ver.1.3a対応のAVコントロールアンプ「DTC-9.8」を発表。7月20日発売。価格は231,000円。

IT・デジタル その他
DTC-9.8
  • DTC-9.8
  • DTC-9.8の背面
 オンキヨーは28日、AVコンポーネントブランド「Integra」シリーズから、HDMI Ver.1.3a対応のAVコントロールアンプ「DTC-9.8」を発表。7月20日発売。価格は231,000円。

 DTC-9.8は、最新のHDMI Ver.1.3aを入力4系統、出力2系統備えるAVコントロールアンプ。ドルビーTrueHDやDTS-HDマスターオーディオなど、最新のデジタル音楽フォーマットに対応したデコーダーを搭載する。HDMI Ver.1.3aにより、ドルビーTrueHDやDTS-HDマスターオーディオなどのロスレス音声データのビットストリーム伝送が可能だ。1,080/24pのフルHD映像のほか、ディープカラーにも対応する。

 映像処理デバイスとして、米Silicon Optix製の「HQV Reon-VX」を採用。コンポジット/Sビデオなどの映像信号を、より上位の映像信号に変換して出力できるアップコンバートと、1,080iなどで入力された信号をより上位の解像度にアップスケーリングする機能を備える。

 音質面としては、DA変換後に残存するパルス性のデジタルノイズを完全に除去するため、独自の回路技術「VLSC(Vector Linear Shaping Circuitry)」を採用。また、小さい音量で再生した場合の音崩れを防ぐリニア・オプティマム・ゲイン・ボリュームも搭載している。

 映像入力端子はD4×3/コンポーネント×3/Sビデオ×6/コンポジット×6。映像出力端子はD4×1/コンポーネント×1/Sビデオ×2/コンポジット×3。音声入力端子はデジタル×6(光×3/同軸×3)/アナログ×12。音声出力端子は光デジタル×1/アナログ×6。そのほか、RS232×1/IR×3(入力×2/出力×1)/12Vトリガー出力×3などを備える。本体サイズは幅435×高さ194×奥行き444.5mm。重さは13.1kg。
《》

特集

page top