プロックス、回線やハードをすべて2重化しノンストップでWebを提供できるレンタルサーバシステムを発売 | RBB TODAY

プロックス、回線やハードをすべて2重化しノンストップでWebを提供できるレンタルサーバシステムを発売

エンタープライズ その他

 プロックスシステムデザインは21日、複数のコンポーネントで構成されたユニットで、そのすべてを二重化することにより、障害の影響を受けないシステムを実現した、Webビジネスを24時間継続運用できるノンストップ型サーバシステム「Dual Stream」の販売を開始した。料金は初期費用が31,500円、月額料金が21,000円(ディスク容量20Gバイト)。

 Dual Streamは、回線としてバックボーンに二重化した経路を確保し、バックアップ回線とあわせて計4回線で運用されるレンタルサーバ。ハードウェアも、バックボーンから冗長構成のサーバまで、独立したスイッチングハブを用いたユニットを二重化してあるほか、SANも2枚のSANコントローラと2台のスイッチングハブを用意し、すべてのハードウエアを完全二重化構成としているのが特徴となっている。これらにより、回線経路での障害およびハードウェア障害が万が一起こったとしても、止まることのない継続したネットワーク運用が実現できるとしている。

 さらに、サーバもLinuxの仮想技術を使用した冗長構成を採用。コネクションを保持したまま稼働中のサーバから待機系のサーバに、自動的に瞬時に移動できるようになっているため、突発的なサーバ停止に加え、サーバのメンテナンス時でもWebサイトを止めることなく継続して運用できるとしている。
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top