コニカミノルタ、オフィス向けデジタルカラー複合機——モノクロ65枚/分の高速印刷で生産性向上を実現 | RBB TODAY

コニカミノルタ、オフィス向けデジタルカラー複合機——モノクロ65枚/分の高速印刷で生産性向上を実現

 コニカミノルタビジネステクノロジーズは21日、企業向け高速デジタルカラー複合機「bizhub C650」を発表。7月3日発売。価格は2,950,000円。

IT・デジタル その他
bizhub C650
  • bizhub C650
 コニカミノルタビジネステクノロジーズは21日、企業向け高速デジタルカラー複合機「bizhub C650」を発表。7月3日発売。価格は2,950,000円。

 bizhub C650は、企業向けデジタルカラー複合機として、今年2月に発売された「bizhub C550」の上位機種にあたる。印刷スピードは、A4ヨコでカラー50枚/分、モノクロ65枚/分を実現。両面印刷時も片面印刷時と同等の生産性を確保するなど、オフィスの生産性向上を追求したモデルだという。また、新開発の重合法トナーを採用することで、こすれやはがれに強く再現性の高い出力を実現している。さらに、画像制御を見直すことで、色調整にかかる時間を大幅に短縮したという。

 そのほか、プリント、スキャン、BOX機能などのネットワーク機能を標準搭載。一度の送信作業で複数の宛先に自動的に配信を行えるユニバーサルセンド機能も備える。マネジメント機能としては、最大1,000部門まで管理可能な「部門管理」機能を採用。利用可能な機能や出力枚数などの制限を設定できる。ユーザー認証との併用により、個人単位での制限や機能別の利用状況を把握することも可能だ。

 セキュリティ面としては、指静脈や、FeliCaなどの非接触ICカードによるユーザー認証機能にオプションで対応するという。また、スキャンを行う際に暗号化PDFを指定することで、パスワードを入力しなければファイルを開けないように設定したり、印刷や画像編集を制限することも可能。不正な閲覧や利用を抑止することができる。

 用紙サイズはA3からハガキサイズまで対応。給紙方式はトレイ4段および手差し方式。本体サイズは幅650×高さ1,155×奥行き904mm。重さは190kg。
《》

特集

page top