佐賀県の無職男性2名、カーナビ用地図データの海賊版をヤフオクで販売し逮捕 | RBB TODAY

佐賀県の無職男性2名、カーナビ用地図データの海賊版をヤフオクで販売し逮捕

 ヤフーオークションを悪用し、権利者に無断で複製したカーナビソフトを販売していた佐賀県唐津市の無職男性A(35歳)と同市の無職男性B(35歳)が、警視庁生活経済課と高尾署、八王子署が、5月28日に著作権法違反の疑いで逮捕された。

ブロードバンド その他
 コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は31日、ヤフーオークションを悪用し、権利者に無断で複製したカーナビソフトを販売していた佐賀県唐津市の無職男性A(35歳)と同市の無職男性B(35歳)を、警視庁生活経済課と高尾署、八王子署が、5月28日に著作権法違反の疑いで逮捕したと公表した。

 男性Aは、福岡市内のマンションで28日に行われた家宅捜索で、ゼンリンが著作権を有する「JAPAN MAP 6 ナビソフトドライブマップDVD-ROM全国版」を無断で複製したDVD+R1枚とCD-R2枚を販売目的で所持。また男性BはAと共謀し、2007年3月2日ごろに同様のDVD+R1枚とCD-R2枚を、神奈川県の男性に対し6,000円で販売していたとしている。

 発表によると、逮捕された男性のヤフーオークションIDへの評価から、2006年12月ごろから逮捕されるまでの約半年間の落札枚数は約500枚に上り、300万円程度の売り上げがあったと推定されており、これを正規価格で購入すると1,400万円程度になるという。また、オークション販売に至っては、主に土日の夜に短時間出品する方法がとられていたほか、「格安品ですが使用に関しては問題ありません」と宣伝していたという。

 今回の逮捕に至っては、出品を発見したゼンリンの担当者がACCSに連絡し、ACCSが警視庁に相談したという。また、ACCSには2006年12月〜2007年4月の5か月間で23件の情報提供があったとしている。
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top