日本CA、ITILに対応したIT資産情報管理ソリューション2製品 | RBB TODAY

日本CA、ITILに対応したIT資産情報管理ソリューション2製品

 日本CAは29日、資産の所有・所在情報を管理することにより、最適なITサービスの提供を支援する構成管理ソリューション「CA Client Management Solutions」、および「Unicenter Asset Portfolio Management r11.2」を発売した。価格は要問い合わせ。

エンタープライズ その他
 日本CAは29日、資産の所有・所在情報を管理することにより、最適なITサービスの提供を支援する構成管理ソリューション「CA Client Management Solutions」、および「Unicenter Asset Portfolio Management r11.2」を発売した。価格は要問い合わせ。

 CA Client Management Solutionsは、クライアントの検出・構成変更を行う「Unicenter Asset Management r11.2」、ソフトウェアを配布する「Unicenter Software Delivery r11.2」、遠隔操作によるWindows/Linuxシステムの制御とサポートを行う「Unicenter Remote Control r11.2」の3製品で構成。サーバやデスクトップの包括的な管理とソフトウェア配布機能を提供する。今バージョンでは、CMDBやインベントリ・検出機能が強化されたほか、パッケージ・OSの配布機能の改善、Linuxサポートの強化などが行われている。対応OSは、Windows、Linux、Unix。

 日本市場への初の投入となるUnicenter Asset Portfolio Managementは、企業の所有資産や契約の財務管理を行うことでコスト削減と効率向上を支援するソリューション。保守更新日や支払期日、リース有効期限の更新手続きが自動化ができるほか、各取引先ベンダの詳細情報、自社との関係、契約、ベンダ同士の関係などの把握やソフトウェアライセンス管理、資産の変更が環境に与える影響の分析、ETLツールによる既存データの取り込みといった機能が用意されている。対応OSは、Windows。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top