総務省、2.5GHz帯のWiMAXは30MHzを2社に割り当てる方針 | RBB TODAY

総務省、2.5GHz帯のWiMAXは30MHzを2社に割り当てる方針

エンタープライズ モバイルBIZ
2.5GHz帯の周波数の割当てのイメージ図
  • 2.5GHz帯の周波数の割当てのイメージ図
 総務省は15日、2.5GHz帯広帯域移動無線アクセスシステム(WiMAX)の免許方針案「2.5GHz帯の周波数を使用する特定基地局の開設に関する指針案」、および「2.5GHzギガヘルツ帯の周波数(固定系地域バンド)を使用する無線局の免許方針案」を策定し、6月15日までの1か月間にわたって意見を募集する。

 同方針案は、「2.5GHz帯を使用する広帯域移動無線アクセスシステムの技術的条件」について2006年12月21日、および2007年4月26日に情報通信審議会技術分科会から受けた一部答申や、2007年3月14日に電波監理審議会に諮問した電波法施行規則などの関係省令の一部改正案および周波数割り当て計画の一部変更案などの検討を踏まえて作成されたもの。

 方針案によると、2.5GHz帯では2,545MHz〜2,625MHzの80MHzがWiMAXへの割り当てが可能な周波数となる。このうち、2,545HMz〜2,575MHz、および2,595MHz〜2,625MHzの30MHzを全国展開する移動通信に割り当て、2,575MHz〜2,595MHzから前述の移動通信用システムとガードバンド計10MHzをのぞいた10MHzを各地域における固定的な利用に割り当てるとしている。

 総務省では、今後は寄せられた意見を踏まえて電波監理審議会への諮問を行った後に、特定基地局の開設指針の制定、開設計画の認定の申請を受け付ける。また、開設計画の認定は2007年秋ごろとなる予定だ。また、今回の免許方針案を取り入れた電波法関係審査基準案については、別途意見公募手続きを経た後に速やかに施行される。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top