NTT東西のFTTHがフレッツ・ADSLの契約数を抜く——決算より | RBB TODAY

NTT東西のFTTHがフレッツ・ADSLの契約数を抜く——決算より

ブロードバンド その他

 NTT東日本とNTT西日本が提供している「Bフレッツ」や「フレッツ・光プレミアム」などのFTTH接続サービスが、ADSL接続サービス「フレッツ・ADSL」の契約数を抜いた。11日に発表された決算にて明らかになった。

 これによると2006年3月末現在でNTT東西合わせて、フレッツ・ADSLは532.3万契約、BフレッツなどのFTTH接続サービスは607.6万契約になっている。さらに、Bフレッツのオプションとして提供される「ひかり電話」は、230.7万契約増の317.4万契約となり、大幅に伸びている。

 また、2008年3月末までの予想も発表された。フレッツ・ADSLは90万契約減(2007年4月との増減)の442.3万契約、Bフレッツは340万回線増の947.6万契約、ひかり電話は310万契約増の627.4万契約だ。

 このようにBフレッツの増加はある程度落ち着きそうだが、ひかり電話の伸びは大きくなりそう。2006年4月から2007年3月までは230.7万契約の増加だが、2007年4月から2008年3月は310万契約の増加だ。3月末現在、Bフレッツの契約のうち24.2%がひかり電話を利用しているが、2008年3月にはこれを66.2%にまで高め、電話の光化をさらに加速させる意気込みだ。

 なおISDNは、3月末現在で715.2万契約。2008年3月末までの予測を見ると、FTTHの契約数はもとより、ひかり電話もISDN回線の契約数を抜くことになるだろう。

■2007年3月末の実績
●フレッツ・ADSL
 NTT東日本:278.2万契約(21.8万契約減)
 NTT西日本:254.1万契約(14.1万契約減)
 合計:532.3万契約(35.9万契約減)
●Bフレッツ
 NTT東日本:339.9万契約(151万契約増)
 NTT西日本:267.7万契約(114.7万契約増)
 合計:607.6万契約(265.7万契約増)
●ひかり電話
 NTT東日本:170.5万契約(123.4万契約増)
 NTT西日本:146.9万契約(107.3万契約増)
 合計:317.4万契約(230.7万契約増)
※2007年3月末現在。かっこ内は、2006年4月との比較

■2008年3月末の予想
●フレッツ・ADSL
 NTT東日本:218.2万契約(60万契約減)
 NTT西日本:224.1万契約(30万契約減)
 合計:442.3万契約(90万契約減)
●Bフレッツ
 NTT東日本:539.9万契約(200万契約増)
 NTT西日本:407.7万契約(140万契約増)
 合計:947.6万契約(340万契約増)
●ひかり電話
 NTT東日本:350.5万契約(180万契約増)
 NTT西日本:276.9万契約(130万契約増)
 合計:627.4万契約(310万契約増)
《安達崇徳》

特集

page top