イケメン俳優続出! 異色作品「仮面ライダー龍騎」 | RBB TODAY

イケメン俳優続出! 異色作品「仮面ライダー龍騎」

 東映は11日、インターネット上で同社の特撮ヒーロー作品を配信する有料会員制映像サイト「東映特撮BB」において“平成仮面ライダー”シリーズの第3弾「仮面ライダー龍騎」を公開した。

エンタメ その他
仮面ライダー龍騎
  • 仮面ライダー龍騎
 東映は11日、インターネット上で同社の特撮ヒーロー作品を配信する有料会員制映像サイト「東映特撮BB」において“平成仮面ライダー”シリーズの第3弾「仮面ライダー龍騎」を公開した。

 「仮面ライダー龍騎」は、13人もの仮面ライダーが生き残りをかけて戦うという、“仮面ライダーバトルロイワヤル”といわれた異色の作品。

 主人公の城戸真司(須賀貴匡)は、偶然ライダーに変身する力を手にしてしまい、ライダー同士の争いに巻き込まれてしまう。最後に勝ち残ったものはどんな願いも叶えてもらえるのだ。13人のライダー全員が決して悪人というわけではなく、その人物描写、群像劇としての面白さも見所。また、第1弾の「仮面ライダークウガ」と第2弾「仮面ライダーアギト」は世界観を共有していたが、今回は異なる世界を舞台にしているのが特徴の1つ。

 さらに、ライダーのデザインも剣道の面をモチーフにしていたり、中世の騎士のヨロイやカブトをモチーフにしていたりと、従来の仮面ライダーのイメージを大きく変えたのもポイントだ。そして、平成仮面ライダーの“イケメン路線”を完全に固定させたのも同作品。多数のイケメン俳優が出演するので、女性ファンにも人気の高い作品だ。

 本日より毎週2話ずつ追加され、最終更新分と前5週分の合計12話が見られる。会員登録は月額525円が必要。また、NTT東日本・NTT西日本のブロードバンドアクセスサービス「フレッツ」で展開されている、月額制映像配信サービス「東映特撮BB on フレッツ」でも視聴可能だ。こちらはフレッツへの加入のほか、月額525円が必要だ。配信帯域は、前者が500kbpsおよび1MbpsのReal Playerで配信。後者は、1Mbpsおよび3Mbpsで、Windows Media Playerとなっている。

 なお「東映特撮BB」は、@nifty、BIGLOBE、DION、OCN、ODN、So-netなどの提携プロバイダでも視聴可能だ。
《デイビー日高》

関連ニュース

特集

page top