マイスペースが著作権侵害コンテンツ対策を強化 | RBB TODAY

マイスペースが著作権侵害コンテンツ対策を強化

エンタメ その他
 マイスペースは10日に、著作権を侵害する楽曲や動画のアップロードを防ぐ対策として、新たなシステムを導入したことを発表した。

 米オーディブルマジックが提供するフィルタリングシステムによるもので、ユーザーがアップロードした楽曲や動画に含まれる音声データと、データベース内の約600万曲の音声データと照合し、著作権を識別する。侵害と判断された場合はアップロードができない。またアップロード後に削除されたコンテンツについては、音声データを自動生成し、データベースに蓄積する。これにより、次回以降再アップロードすることができなくなる。

 また、著作権を侵害するコンテンツをアップロードしたユーザーに対しては、一時的にマイスペースジャパンの利用を停止し、「著作権教育プログラム」をオンラインで受講してもらう。受講後は、通常どおりのサービスが利用できるように復帰する。

 これらの新システムに伴い、アーティスト登録会員に限定されていた動画アップロードサービスが、すべての会員で利用可能となった。
《冨岡晶》

特集

page top