シスコ、本社移転時にRFIDタグを利用した荷物管理実証実験を実施 | RBB TODAY

シスコ、本社移転時にRFIDタグを利用した荷物管理実証実験を実施

エンタープライズ モバイルBIZ

概要図
  • 概要図
 シスコは25日、日本通運の協力のもと、4月28日から5月6日にかけての本社移転の際にRFIDを利用した移転時の荷物管理の実証実験を行うと発表した。

 今回の実証実験は、現在本社がある新宿三井ビル8階と移転先の東京ミッドタウン27階にそれぞれRFID読取りゲートを設置し、RFIDタグを付けた荷物が通過するたびにRFIDタグの情報を読み取って「Cisco Application-Oriented Networking」で処理を行うというもの。これにより、いつ、誰が、どの機器が入った箱を搬出、または搬入したかが検知され、六本木に設置されるコントロールセンターでリアルタイムに状況が把握できる。

 なお、今回の実証実験のためにEPCGlobal準拠のTAGコードを適切に処理できるようCisco Application-Oriented Network処理ロジックの開発が行われた。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top