NEC、NGNを視野にサービスプラットフォームソリューションを提供 | RBB TODAY

NEC、NGNを視野にサービスプラットフォームソリューションを提供

エンタープライズ その他

 日本電気は23日、NGNを視野にサービスプラットフォームソリューションの提供を開始した。携帯クレジット、IPテレビ、コミュニケーションサービスなどネットワークを活用したサービスを企業が他の企業、もしくは個人に対して提供する際に基盤となるシステムを指す。

 今回提供されるのは、具体的なアプリケーションサービスを提供するシステムの構築を行う「アプリケーションサービス領域」、業種を問わず共通的なサービス提供のためのシステムを構築する「基本サービス領域」、マネージドプラットフォームサービスを提供するためのシステムを構築する「プラットフォームマネージドサービス領域」の3種類。システム全体を処理形態単位(システムユニット)に分割してその組み合わせを提案するシステムモデルの確立に加え、サービス実行基盤・ユビキタスサービス・情報管理サービス・運用管理・仮想化・ネットワークサービスに関するITインフラやネットワークミドルウェア群を提供する。

 さらに、ビジネスモデル提案を行うコンサルティングやシステムアーキテクチャ、処理方式を提案するシステムコンサルティングも行う予定だ。同社は「システムモデル検証センター」(仮称)を新設して新たなシステムモデルの開発と評価を行うほか、NECプロフェッショナル認定制度を活用して3年後までに100名体制でのプロフェッショナル増強計画を実施するとしている。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top