ソニー、大容量250GBの“ジュークボックス” 高音質HDDオーディオレコーダー | RBB TODAY

ソニー、大容量250GBの“ジュークボックス” 高音質HDDオーディオレコーダー

IT・デジタル その他

NAC-HD1
  • NAC-HD1
 ソニーは23日、容量250GBのHDDオーディオレコーダー「NAC-HD1」を発表。5月21日発売。価格は110,250円。

 250GBのHDDを搭載するオーディオコンポーネント機器。内蔵するCDプレーヤーやAM/FMチューナーから楽曲データの録音ができ、スピーカーと接続して高音質のサウンドを楽しむことができる。再生・録音はPCM(非圧縮デジタル音声)に対応する。

 録音については、CDからは最大16倍速で録音が可能。デジタル入力端子(光/同軸)を搭載しているため、MDやCSチューナーからも録音が可能だ。HDD内には350,000枚分のアルバム楽曲情報をあらかじめ収録。HDDへ楽曲を録音した際にアルバム名、アーティスト名、タイトルが自動で入力される。録音した楽曲データは、USB端子を使用してデジタルオーディオプレーヤーや携帯電話などに転送できる。同社製品のウォークマンなら、最大約50倍速で転送。ATRACやMP3に圧縮しながらの転送も可能だ。

 そのほか、音楽配信サービス「エニーミュージック」に対応しているため、インターネットに接続すれば付属のリモコン操作で楽曲の購入ができる。また、PC内のATRAC、MP3ファイルの楽曲をLAN経由でHDDに取り込みも可能。DLNA対応のため、離れた部屋にあるPCの音楽ファイルをネットワーク経由でストリーミング再生が可能だ。

 音質面としては、スイッチングノイズを発生しないHiFiオーディオ用の電源トランスや、オーディオ専用の安定化電源回路を配備。DA変換回路には、24ビット192kHzのDA/ADコンバータを搭載。ひずみの少ないクリアな再生音を追求したという。また、CD/HDDブロック構成や金属筐体の採用など、防振/防音効果を図っている。

 そのほかの機能として、ラジオ録音の際に、音楽部分とトーク部分を自動分類して録音する機能や、雰囲気や時間帯など25のチャンネルに自動分類し、シーンに合わせた曲を自動的に選ぶ機能「おまかせチャンネル」を搭載する。

 4.3型ディスプレイ搭載。周波数特性は5Hz〜20kHz。SN比はHDD再生時で103dB。入力端子は同軸デジタル、光デジタル、アナログ音声。出力端子は同軸デジタル、光デジタル、アナログ音声×2。ビデオ出力端子、USB端子×2、ネットワーク端子も備える。本体サイズは幅430×高さ110×奥行き290mm。重さは約7.2kg。
《》

特集

page top