大人版クレヨンしんちゃん!? SEAMOが参上! | RBB TODAY

大人版クレヨンしんちゃん!? SEAMOが参上!

エンタメ その他

SEAMO
  • SEAMO
  • トークを通し、気さくで謙虚なキャラが伝わってきた
  • 身振り手振りをまじえて話していた
  • 趣味のパチスロの話になるとノリノリでトーク
  • 紅白出場の話を嬉しそうに語っていた
  • 配信中、何度も笑いが巻き起こった
 「新曲“Cry Baby”は苦難を乗り越えて新たに進んで行こうとする人達の背中を押してあげられる曲になったらいいなと思っています」。

 Yahoo! JAPANの無料リアルタイム動画配信チャットイベント「Yahoo!ライブトーク」は18日、人気絶頂のアーティストSEAMOをゲスト迎えて配信された。彼がこのYahoo!ライブトークに登場したのは2度めで、前回出演したのは昨年の9月16日。新曲「Cry Baby」の話題はもちろん、前回出演からの約半年間に起こった出来事についても語った。

 番組配信が始まり、SEAMOが挨拶を終えると、「この半年、おかげ様で忙しくなりました。一年前はホントにヒマでしたから(笑)」と切り出し、「マタアイマショウ」のヒット以降、彼の周りで起こった出来事の話題から話し始めた。昨年末のNHK紅白歌合戦に出場した件については「年末は地元名古屋の遊園地とかでカウントダウンライブをしていたんですが、大きく変わりましたね」「初出場では緊張しました。機械の故障で背景の映像が出ないアクシデントがありました。本当はSEAMOが何人にも分身する映像が流れるはずだったんです」と裏話を語った。また、普段は自分から親にメールすることがなかったというSEAMOは「紅白の出場が決まったとき、初めて自分から親にメールしました」と振り返っていた。

 SEAMOがライブで海パン一丁の股間に天狗のお面をつけて歌っていたことを受け、司会者から「どうして紅白は海パンに天狗の面で出なかったんですか? 例のボディスーツに話題を独占されてもったいないです!」と指摘され、SEAMOは「今の僕には守るものがたくさんありますから(笑)」と返答。「守りに入るラッパーSEAMOなんて見たくないです!」とさらツッコまれ、スタジオ内は爆笑に包まれる一幕もあった。

 4月1日にナゴヤドームで行われた中日対ヤクルト戦の始球式を務めた話になると、二軍の試合まで細かくチェックするほどの熱狂的な中日ドラゴンズファンと自負する彼は「夢が叶ってものすごく嬉しかったけど、3万人の観衆に完全に飲まれました。紅白に出たときより緊張しましたよ」と、笑顔で答えていた。

 「紅白、始球式と夢が叶った今、次に叶えたい夢は?」と聞かれ、「名古屋に“シーマンション”というラッパーが住人のマンションを建てたいですね。入居者は売れてる順番に上の階から住んで、もちろん僕は最上階です」「パチスロが好きなので、パチスロの台にもなりたいです。天狗の面が揃って僕の歌が流れたら最高ですよね。そのときはオリジナル曲を書き下ろしますよ」と目を輝かせながら語った。

 18日発売のニューシングル「Cry Baby」の話題になると、「売れなかった頃、一生懸命やってもうまくいかなくて、何かあると悲しくなってよく泣いてたんです。その気持ちを歌にしました」「これは“映画クレヨンしんちゃん、嵐を呼ぶ歌うケツだけ爆弾”の主題歌なので、初回限定版、通常版に加え、アニメジャケットの初回限定盤もあります」「試写会で観て、自分の歌がエンドロールで流れたときには感動して鳥肌が立ちました」とアピール。映画の主題歌を歌うことになったいきさつについて問われると、「映画のスタッフさんがライブに来てくださって、海パンに天狗の面で歌う姿を見て“SEAMOは大人になったクレヨンしんちゃんだ!”と思ってくださったそうです」「確かにしんちゃんは俺に近いかもしれませんね」と、彼自身も“大人版しんちゃん”を認めている様子だった。

 最後に「世の中いいことばかりじゃなくて、悲しいニュースにあふれてます。でも、悪いことばかりでもないんです。苦難を乗り越えて新たに進んで行こうとする人達の背中を押してあげられる曲になったらいいなと思っています。新曲“Cry Baby”、よろしくお願いします!」と締めくくった。
《野路敬生》

関連ニュース

特集

page top