動画投稿の新サービス「Yahoo!ビデオキャスト」は著作権保護を重視 | RBB TODAY

動画投稿の新サービス「Yahoo!ビデオキャスト」は著作権保護を重視

エンタメ その他

 ヤフーは12日、動画投稿サービス「Yahoo!ビデオキャスト」(ベータ版)の提供を開始した。

 「Yahoo!ビデオキャスト」は、デジタルビデオカメラや携帯電話で撮影した動画を公開したり、公開されている動画を視聴したりできるYouTubeのようなサービス。公開されている動画には、コメント(ユーザーレビュー)や点数をつけられ、その動画をきっかけにしたコミュニケーションを楽しむことも可能だ。

 また、気に入った動画をブックマークする「プレイリスト」機能や、「Yahoo!ビデオキャスト」上に公開された動画を、ブログやホームページに貼ることもできる仕組みを搭載している。さらに、「Yahoo!ポッドキャスト」と「Yahoo!動画」と連携しており、タブで各サービスの画面を切り替えることも可能。今後は、さらにヤフー内のほかのサービスと連携して、動画を軸としたコミュニケーションや情報発信の促進を図っていくとしている。

 なお、動画投稿では、権利者から許諾を受けていない動画を勝手にユーザーが投稿することが問題になっているが、「Yahoo!ビデオキャスト」では、そうした動画の投稿は禁止することで対応。また、ただ単に禁止する旨を唱えるだけではなく、能動的に活動していくとのこと。具体的には、ガイドラインに反する違法な投稿動画は、ユーザーからの報告を待つだけではなく、管理者サイドがパトロールを行ってチェックし、違法なものがあれば削除を実施。さらに、ヤフーが独自に実施している「知的財産権保護プログラム」により、事前に登録された権利者からの削除依頼を電子メールなどで速やかに受け付けるとしている。今後も、著作権保護の重要性を考慮した取り組みを行っていくとしている。
《デイビー日高》

関連ニュース

特集

page top