デル、低電圧版クアッドコアXeon L5310を採用したラックサーバ2機種 | RBB TODAY

デル、低電圧版クアッドコアXeon L5310を採用したラックサーバ2機種

エンタープライズ ハードウェア

低電圧版クアッドコア、Xeon5300シリーズが搭載されるPowerEdge2950
  • 低電圧版クアッドコア、Xeon5300シリーズが搭載されるPowerEdge2950
 デルは、低電圧版クアッドコア インテルXeonプロセッサー5300番台を採用したラックサーバ「PowerEdge 1950/2950 Energy Smart(省電力構成)」を4月11日に発売する。2GBメモリ構成時の価格はそれぞれ37万20円、45万7,800円。

 PowerEdge 1950/2950 Energy Smart(省電力構成)は、省電力の低減とワットあたりの性能向上を両立させた「Energy Smart(省電力構成)」シリーズの新ラインナップ。従来の低電圧版デュアルコアプロセッサを採用した「PowerEdge 2950 Energy Smart(省電力構成)」と比較してワットあたりのパフォーマンスを19%向上させている。

 仕様は、クアッドコアインテルXeonプロセッサーL5310(1.60GHz)、2GB 667MHz FBDメモリ、36GB 10,000rpm 2.5インチSAS HDD、ギガビットLAN×2、非冗長電源。OS、キーボード、マウスは付属しない。シルバーNBDの3年間翌営業日対応オンサイト標準保守サービスが提供される。
《富永ジュン》

特集

page top