松下電工、ノイズフィルタ付きACタップに高速電力線通信機能を搭載した「PLCタップ」 | RBB TODAY

松下電工、ノイズフィルタ付きACタップに高速電力線通信機能を搭載した「PLCタップ」

IT・デジタル その他

 松下電工は4日、家庭の電源コンセントから家庭内の電力線を使って通信ができる高速電力線通信「PLCタップ」(LN3710)を5月21日に発売すると発表した。価格は、1台23,300円。
  •  松下電工は4日、家庭の電源コンセントから家庭内の電力線を使って通信ができる高速電力線通信「PLCタップ」(LN3710)を5月21日に発売すると発表した。価格は、1台23,300円。
 松下電工は4日、家庭の電源コンセントから家庭内の電力線を使って通信ができる高速電力線通信「PLCタップ」(LN3710)を5月21日に発売すると発表した。価格は、1台23,300円。

 PLCタップは、高速電力線通信の「HD-PLC」方式を採用し、最大190Mbps(理論値)でのデータ通信が可能な製品。また、ノイズフィルター機能付テーブルタップ(ACコンセント3コ口)を内蔵しているため、そのACコンセントを使用することで電気製品から出るノイズやインピーダンスなどによる通信速度の低下も軽減できるという一石二鳥なアイテムとなっている。
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top