アイ・オー、DVI-D端子搭載ノングレア液晶ディスプレイ2機種——22型ワイドを4万円台 | RBB TODAY

アイ・オー、DVI-D端子搭載ノングレア液晶ディスプレイ2機種——22型ワイドを4万円台

IT・デジタル ノートPC

LCD-AD221X(ホワイト)
  • LCD-AD221X(ホワイト)
  • 内覧会で展示されたLCD-AD192X(ブラック)
 アイ・オー・データ機器は28日、ノングレア液晶パネル採用のワイドディスプレイ「LCD-AD221X」「LCD-AD192X」の2機種を発表した。発売はともに3月下旬で、価格はオープン。予想実売価格は、それぞれ49,800円と39,800円。
 
 両モデルともWindows Vistaプレミアムロゴを取得しており、Vista規格に完全対応している。HDCP対応DVI-D端子を搭載で、Blu-ray Discなどの著作権保護機能付きコンテンツの再生が可能。ミニD-Sub15ピン端子も備えており、アナログ/デジタルで各1台ずつPCを接続して使い分けられる。また、ワイド以外の映像も横に伸びることなく表示するアスペクト比固定機能を標準搭載する。

 LCD-AD221Xは、1,680×1,050ドットの22型ワイド液晶モデル。視野角は上下170度、左右178度、最大輝度は300cd/m2、コントラスト比は800:1、応答速度は5m/秒。本体サイズは、スタンド含めて幅505×高さ422×奥行き219mm、重さは約6.2kg。本体カラーはホワイトとブラックの2色を用意している。

 LCD-AD192Xは、LCD-AD221Xの兄弟機にあたるモデルで、1,440×900ドットの19型ワイド液晶。視野角は上下/左右170度、最大輝度は300cd/m2、コントラスト比は800:1、応答速度は5m/秒。本体サイズは、スタンド含めて幅439×高さ355×奥行き193mm、重さは約4.7kg。こちらもカラーバリエーションとしてホワイトとブラックがある。

※初出時において、タイトルに誤りがありました。読者の皆さまおよび関係者の皆さまにお詫びを申し上げるとともに、ここに訂正させていただきます。
《》

関連ニュース

特集

page top