ソニー、高音質と小型化を追求した単品コンポ「System 501」 | RBB TODAY

ソニー、高音質と小型化を追求した単品コンポ「System 501」

IT・デジタル その他

System 501
  • System 501
 ソニーは、高級オーディオの設計思想と技術を投入し、高音質と筐体の小型化を追求したオーディオコンポの新シリーズ「System 501」3製品を3月10日に発売する。


 ラインアップは、ステレオデジタルアンプ「TA-F501」、SACD/CDプレーヤー「SCD-X501」、ブックシェルフスピーカーシステム「SS-K10ED」の3製品。価格はTA-F501が93,450円、SCD-X501が70,350円、SS-K10EDが70,350円(2台セット)。

 System 501は、独自の32bitフルデジタルアンプ「S-Master PRO」などの採用により音楽の表情を艶やかに再現するアンプ、コンサート会場の臨場感や空気感の再現を追求したプレーヤー、曲げ木加工技術などによりクリアな音色を再現するスピーカーシステムで構成される単品コンポーネント。各筐体の奥行きを30cm以内、アンプとプレーヤーの本体幅は28cmとし、本棚にも設置できるサイズが特徴となっている。
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top