【フォトレビュー】ソニーWi-Fiオーディオプレーヤー VGF-WA1 | RBB TODAY

【フォトレビュー】ソニーWi-Fiオーディオプレーヤー VGF-WA1

ブロードバンド その他

PCにたまったデジタル音源データ。ポータブルプレーヤー専用にするのはもったいない。
  • PCにたまったデジタル音源データ。ポータブルプレーヤー専用にするのはもったいない。
  • 外観はシンプルすぎるCDラジカセ。機能は当たらずとも遠からじ
  • 本体正面
  • 付属のリモコンとPCに取り付ける無線アダプタ。
  • ディスプレイ部。操作はシンプルで、あくまで音を楽しむため表示は控えめだ。
  • 本体正面下にあるパワーランプと無線LANインジケータ
  • ACアダプタか内蔵バッテリで動作するので、リビングやキッチンなど好きなところへ持ち運べる
  • ACアダプタのソケットと、メモリプレーヤーなどを接続する外部入力端子
 ソニーの新製品VGF-WA1が編集部に届いた。これは、VAIOの周辺機器としてソニーがWi-Fiオーディオと呼んでいる製品だ。PCのデジタルオーディオデータを無線LANによって再生したり、ポータブルオーディオプレーヤーなどを接続するありそうでなかった製品だ。

 まずは写真で外観や細部を見てもらいたい。なんとなくシンプルなラジカセのような雰囲気だが、テープやディスクをセットする機構がない。音源は、PCの中にたまったMP3データやiTunesのデータだ。これを802.11b/g準拠の無線LANによってVGF-WA1に飛ばす。本体に内蔵したメモリからの再生も可能だ。また、適当なPCかアクセスポイントがあればインターネットラジオ(Live365.com)の受信もできる。DLNAにも対応しているので、ホームサーバーや家電ネットワークへの接続も簡単だ。

 これだけメモリオーディオが普及しながら、リビングやキッチンなどで再生するには専用のドックステーションなどを使うのが普通だったが、これからは全部PCに入れておけば、これ1台でスピーカーからのサウンドを楽しめるというわけだ。

 価格は34,800円で2月中旬発売予定だ。色は写真の白のほかに黒がある。
《中尾真二》

特集

page top