NEC、携帯電話でMP3/AAC/WMA形式の音楽が再生できるオーディオプロセッサ | RBB TODAY

NEC、携帯電話でMP3/AAC/WMA形式の音楽が再生できるオーディオプロセッサ

ブロードバンド その他

携帯電話向けオーディオプロセッサ「AP131」
  • 携帯電話向けオーディオプロセッサ「AP131」
 NECエレクトロニクスは10日、MP3、AAC、WMA形式の音楽が再生できる携帯電話向けオーディオプロセッサ「AP131」のサンプル出荷を同日より開始したと発表した。サンプル出荷価格は1,000円で、すでに量産体制が整えられており、年度内には月産100万個の生産が計画されている。

 再生できるのは、Windows Media PlayerやiTunesなどでエンコードされたMP3、AAC、WMA形式の音楽ファイル。SDオーディオ形式にも対応し、非常に幅広い。

 また、現在、携帯電話では、ベースバンドLSIやアプリケーションプロセッサを利用して音楽の再生処理が行われており、これが原因で電池の消耗が激しい。このオーディオプロセッサは、細かい電力制御が可能で、現行機種よりも10時間長い60時間の連続再生が可能だとしている。

 サラウンド再生機能も内蔵されており、臨場感あふれる音楽の再生が可能。ほか、ベースバンドLSIに依存しないため、開発における組み込みが容易であるなどの利点が挙げられている。

●再生できる音楽形式
・SDオーディオ
 対応オーディオ・フォーマット:AAC、MP3
・WMA(ASF)
 対応オーディオ・フォーマット:WMA
 対応ファイル:拡張子がasfのファイル
・MP4(AAC)
 対応オーディオ・フォーマット:AACLC、HE-AAC、 Enhanced aacPlus
 対応ファイル:拡張子がmp4、m4a、3gp、3g2のファイル
・MP3
 対応オーディオ・フォーマット:MPEG1 Layer3、MPEG2 Layer3
 対応ファイル:拡張子がmp3のファイル
《安達崇徳》

関連ニュース

特集

page top