【スピード速報】御用納めで大減速、年末年始の特異なスピード傾向 | RBB TODAY

【スピード速報】御用納めで大減速、年末年始の特異なスピード傾向

ブロードバンド その他

 【スピード速報】はhttp://speed.rbbtoday.com/の1週間分の計測データをもとに各種の統計データを速報でお伝えする。このサイトはIXに計測専用サーバを置き、月間計測数は40万を超え、統計データとしても十分な精度と信頼性を持っている。
  •  【スピード速報】はhttp://speed.rbbtoday.com/の1週間分の計測データをもとに各種の統計データを速報でお伝えする。このサイトはIXに計測専用サーバを置き、月間計測数は40万を超え、統計データとしても十分な精度と信頼性を持っている。
  • 縦軸は平均速度(Mbps)、横軸は時間帯。ダウンロード&アップロードのピークと谷が一致しているが、30日以降には特異なスピード傾向が見られる
 【スピード速報】はhttp://speed.rbbtoday.com/の1週間分の計測データをもとに各種の統計データを速報でお伝えする。このサイトはIXに計測専用サーバを置き、月間計測数は40万を超え、統計データとしても十分な精度と信頼性を持っている。

 今回は「総集編」で予告したとおり「年末年始のスピード傾向」ということで、2006年12月28日〜2007年1月4日未明の全測定データを無条件に用いて、時間帯(2時間単位)ごとのダウンロード速度とアップロード速度の平均を算出した。

 グラフを見ての通り、ダウンロード、アップロードのピーク(最高速度)と谷(最低速度)は一致している。共に最低だったのは、多くの企業や団体が「御用納め」としていた12月29日(金)の13〜14時台であった。総集編の「アップ・ダウンとも最速は4時、最遅は13時、夜は分散傾向へ」で指摘したとおり、ネットワークの利用時間帯が分散傾向にある中で、「午後一番」への集中は避けられない。今回は、この傾向が非常に顕著に出てしまっている。特にアップロード速度においては、なんと10Mbpsをかろうじて超えるという大減速となった。この「発信の集中」は、昨年最後の業務用ネットワーク利用のピークであったことに加えて、年末の挨拶をメールやブログ、SNSなどで済ます方が多かったことが原因なのではなかろうか。

 そして、まるで反動であるかのように、半日後の12月30日(金)の3〜4時台に最高速度が記録された。ダウンロードで2倍弱、アップロードではなんと2.5倍近い差である。ただし、計測データ数は前日、前々日の同一時間帯よりも多かった。もしも、この時間帯が年末年始の最速ゾーンだと予測していた方がいらっしゃったとしたら、かなりの推理力であると言えよう。

 また、総集編の「お盆休み効果か?スピードの時間帯別高低差が消えた!」で述べた特異なスピード傾向が、12月31日(大晦日)の日中に現れている。グラフ中央の◆で示したゾーンがそれである。朝8時台から夜8時台の半日のダウンロード速度がほとんど変わらず「時間帯別高低差が消えた」状態になっているのが、興味深い。

 なお、1月1日から3日の「正月三が日」についても、それぞれ、通常日とは異なる波形が出ているが、ダウンロードの波形は、だんだんと年末直前の12月28日のパターンに近づいていっている。これに対して、アップロードの波形では「午後一番」の速度低下が見られないこともあって、12月28日、29日の波形には似てこない。このことからも「午後一番」現象の主役が(正月三が日には休業の)ビジネスユーザであると推定できる。
《平野正喜》

特集

page top