Webフィルタリングサービス「Windows Live OneCare Family Safety」のβ版が開始 | RBB TODAY

Webフィルタリングサービス「Windows Live OneCare Family Safety」のβ版が開始

エンタープライズ その他

 マイクロソフトは17日、コンテンツフィルタリングサービス「Windows Live OneCare Famly Safety」ベータ版の無償提供を開始した。正式版は来年上旬より無償で提供される予定だ。

 Windows Live OneCare Family Safetyは、利用者ごとにサイトへのアクセス許可/不許可を13カテゴリ別までフィルタリング設定できるのにくわえ、5段階の年齢別制限レベルの設定とフィルタリングが可能だ。また、Webサイトへのアクセス履歴やアプリケーションのダウンロード履歴を確認できる「オンライン活動レポート」や子供からのWebサイトへのアクセス許可希望をメールで通知できる「キッズリクエストライン」機能を備える。

 さらに、正式版ではWindows LiveメールやWindows Liveメッセンジャー、Windows Liveスペースでコミュニケーションができる相手を選択設定して管理できる「コンタクトマネージメント」機能も追加される。
《富永ジュン》

特集

page top