【Envisioning Next Generation Networks(Vol.1)】オーストラリアでも進むキャリアのフルIP化 | RBB TODAY

【Envisioning Next Generation Networks(Vol.1)】オーストラリアでも進むキャリアのフルIP化

エンタープライズ その他

自社のNGNについて講演を行った、テルストラ ネットワーク&テクノロジー エグゼクティブ マネージング ディレクター ダン・バーンズ氏
  • 自社のNGNについて講演を行った、テルストラ ネットワーク&テクノロジー エグゼクティブ マネージング ディレクター ダン・バーンズ氏
  • 豪テルストラが進める「Titan」の概念図。IP/MPLSとイーサネットをコアとした基幹網に携帯電話網、FTTH網、PSTNがつながる
  • Titan実現のためのアーキテクチャー
  • Titan実現のためのアーキテクチャー
 10日、日本アルカテルの企画で、次世代ネットワーク(NGN:Next Generation Network)をテーマとしたセミナーが開催された。ここでは、オーストラリアでの次世代ネットワーク構築事例について紹介する。

 豪テルストラでも、PSTN(公衆電話交換回線網、Public Switched Telephone Networks)からの収益減に直面しているという。こうしたビジネス状況を改善し、新たなサービスを効率的に実現することを狙って現在推進しているのが、次世代ネットワーク構築プロジェクト「Titan」だ。

 中核となるのは、IP/MPLS(Multi Protocol Label Switching)ベースのコア・ネットワークで、これが堅牢でスケーラブルなバックボーンとなり、全サービスのプラットフォームを構成する。さらに、2009年6月には、単一のIPネットワークでエンド・ツー・エンドの接続を実現する予定になっているという。

 目標としたのは「create a world of 1 click, 1 touch, 1 button, 1 screen, 1 step solutions」ということで、つまりエンドユーザーがあらゆるサービスにごく簡単にアクセスできるネットワークの実現、と言い換えることができるだろう。

 コア・ネットワークには、一般電話回線(PSTN)、ブロードバンド接続によるデータ通信、第3世代(3G)携帯電話などのサービスがすべて統合され、ユーザーが求めるすべてのサービスを単一ネットワークをベースに提供できるようになるという。
《渡邉利和》

関連ニュース

特集

page top