沖電気、NGNに対応する通信事業者向けのサーバ「CenterStage NX5000シリーズ」に3機種追加 | RBB TODAY

沖電気、NGNに対応する通信事業者向けのサーバ「CenterStage NX5000シリーズ」に3機種追加

エンタープライズ その他

 沖電気工業は2日、次世代ネットワーク(NGN)に適した通信事業者向けのサーバ「CenterStage NX5000シリーズ」の新ラインナップとして、新たに3機種を追加し12月より販売を開始すると発表した。
  •  沖電気工業は2日、次世代ネットワーク(NGN)に適した通信事業者向けのサーバ「CenterStage NX5000シリーズ」の新ラインナップとして、新たに3機種を追加し12月より販売を開始すると発表した。
 沖電気工業は2日、次世代ネットワーク(NGN)に適した通信事業者向けのサーバ「CenterStage NX5000シリーズ」の新ラインナップとして、新たに3機種を追加し12月より販売を開始すると発表した。

 ラインアップは、FMC(固定・無線通信融合)サービス網の実現に適したIMS(IP Multimedia Subsystem)に対応したセッション制御サーバでS-CSCF/I-CSCF機能をサポートする「CenterStage NX5000 R2」、IMSに対応したSIPプロキシサーバでP-CSCF機能をサポートする「同 NX5100」、IMSに対応したメディアゲートウェイ制御サーバでMGCF機能をサポートする「同 NX5200」の3機種。なお、価格はネットワーク構成や収容加入者数によって異なるとしている。

 今回発表された3機種は、固定IP電話サーバとしての機能と、IMSの機能を併せ持っており、固定IP電話、移動IP電話双方のサービスを同時に実現できる製品。これにより、従来のように固定網と移動網を別々に保有する必要がなく、固定電話・移動電話双方のサービスを同一のIPネットワークで構築可能となるほか、その構築を低コスト、短期間、かつスムーズに行えるとしている。

 また、信頼性を向上するために、独自開発のミドルウェア「CenterStage HAPF」を搭載。二重化された汎用サーバをサービス無中断で高速に切り替える機能や、サーバ稼働中にソフトウェアをバージョンアップする機能などを有しているという。

 各製品の主な特徴は以下のとおり。

●CenterStage NX5000 R2
 S-CSCF、I-CSCF、HSS、BGCFおよび、従来のIP電話サービス機能を持ったセッション制御サーバ。SIP加入者を移動体か固定かを問わず収容する機能を提供。大容量(80万加入者/1サーバ収容可能)、高性能(100万BHCA/1サーバ)を実現

●CenterStage NX5100
 P-CSCFを持つセッション制御サーバ。大容量(80万加入者/1サーバ収容可能)、高性能(100万BHCA/1サーバ)を実現

●CenterStage NX5200
 MGCF、HSS、BGCF、および電話中継機能を持った呼制御サーバ。NGN網と従来の電話網とをシームレスに相互接続する機能を提供。大容量(8万回線収容)、高性能(100万BHCA)を実現
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top