ロジクール、多機能コードレスキーボードとレーザーコードレスマウスのセット製品 | RBB TODAY

ロジクール、多機能コードレスキーボードとレーザーコードレスマウスのセット製品

 ロジクールは、多機能コードレスキーボードとプログラマブル8ボタンレーザーコードレスホイールマウスをセットにしたハイエンド向け製品「Cordless Desktop MX3200 Laser」を10月6日に発売する。

IT・デジタル ノートPC
Cordless Desktop MX3200 Laserの多機能コードレスキーボード
  • Cordless Desktop MX3200 Laserの多機能コードレスキーボード
  • Cordless Desktop MX3200 Laserのプログラマブル8ボタンレーザーコードレスホイールマウス
 ロジクールは、多機能コードレスキーボードとプログラマブル8ボタンレーザーコードレスホイールマウスをセットにしたハイエンド向け製品「Cordless Desktop MX3200 Laser」を10月6日に発売する。価格はオープンだが、同社直販サイト「ロジクールオンラインストア」では1万2,800円。

 Cordless Desktop MX3200 Laserのキーボードは、ドキュメント内の単語を選択した状態でボタンを押せば、デスクトップ検索アプリケーションと連携して検索結果が表示される「ダイナミックサーチボタン」やスクロールアップ/ダウン、ズームイン/ズームアウトが可能なタッチセンサー式スライダー付きズームボタンを備える。

 また、キーボード左側のドックグリップボタンやマウスのホイールクリックにより、アプリケーションの切り替えも可能だ。なお、Windows Vistaでは、この操作でFlip3D機能が利用できる。

 さらに押すだけでSkypeなどで音声通話が開始できる「コミュニケーションボタン」、マルチメディア再生アプリケーションの操作が可能な「メディアボタン」を搭載するほか、タイマーと目覚まし機能がついたデジタル時計も内蔵される。

 サイズと重さは、キーボードが480×230×34mm、883g(電池除く)、マウスが70×122×38mm、94g(電池除く)、USBミニレシーバータイプの受信機が65×19×8mm、15g。カラーはブラック。キーボードは単3電池4本、マウスは単3電池2本で駆動し、電池使用時間はいずれも約9カ月。対応OSはWindows XP/Vista。
《富永ジュン》

特集

page top