ニンテンドーDS用ゲームの海賊版販売、全国初の摘発〜ホームページで販売 | RBB TODAY

ニンテンドーDS用ゲームの海賊版販売、全国初の摘発〜ホームページで販売

エンタメ その他

 警視庁生活経済課と練馬署は9月14日、権利者に無断で複製した携帯型ゲーム機ニンテンドーDS用のゲームソフトを販売する目的で所持していた練馬区の会社員男性(45歳)を、著作権法違反の疑いで逮捕した。コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)が同内容を公表した。

 逮捕同日に行われた男性宅の家宅捜索で、男性は、任天堂が著作権を有するスーパーマリオ64DSなどのゲームデータが入ったDVD-R2枚を、販売する目的で所持していた。

 男性は、自らが運営するホームページを通じてゲームソフトを販売。25〜37タイトルのゲームソフトの入ったCD-ROMを3,800円で、ニンテンドーDSに対応するゲームソフト211タイトルが入ったDVD-Rを16,800円で販売していた。これらDVD-Rのほかにも、最新版のゲームソフトを複製したDVD-Rも押収されている。一般人から任天堂へ、男性が運営するホームページの情報提供があり、侵害を確認した任天堂の担当者がACCSに相談したことで逮捕に繋がった。

 なお同日、福島県いわき中央署でも、「ヤフーオークション」を悪用し、権利者に無断で複製したカーナビゲーションソフトを販売していた大阪府吹田市の内装業男性(53歳)が逮捕されている。警察の調べによると、男性は、約3か月間で約100人に海賊版ソフトを販売したことが判明している。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top