【Tech・Ed 2006】Windows Mobile 5.0の機能をアピール!今後はパートナーへの投資を増加 | RBB TODAY

【Tech・Ed 2006】Windows Mobile 5.0の機能をアピール!今後はパートナーへの投資を増加

ブロードバンド その他

マイクロソフトのモバイルへの取り組み
  • マイクロソフトのモバイルへの取り組み
  • Outlook Mobileの画面。この画面の天気予報と現地時間表示ツールのような、ユーザーにとって使い勝手のよいツールをパートナーに要望。
  • Windows MobileはAnywhereアクセスの中核として位置づけられている。
  • Messaging and Security Feature PackによるWindows Mobileの機能強化
  • Exchange Server 2007の管理画面。2007からはOWA接続に対応し、ユーザーがPCから自分のWindows Mobile端末をリモートワイプできる。
  • ローカルワイプが実行され、パスワード入力に失敗した画面。間違ってデータを消去しないよう、残り入力可能回数が表示されるようになっている。
 Tech・Ed 2006では「Windows Mobile 5.0 ビジネス活用術」と題したテクニカルセッションが、マイクロソフト株式会社 モバイル&エンベデッドデバイス本部 シニアプロダクトマネージャの岡田陽一郎氏よって行なわれた。

 マイクロソフトでは現在、同社製品をモバイル化する「Mobilizer」の動きがあり、サーバおよび開発ツールのモバイル化、デスクトップの連携強化、Windows Mobile 端末の市場投入などに取り組んでいる。しかしWindows Mobileビジネスの盛り上がりにはパートナーの協力が必要であるため、シリコンベンダー、端末メーカー、通信事業者、独立系ハードウェア/ソフトウェアメーカー、ソリューションプロバイダーなど、あらゆるパートナーへの投資を今後さらに増やしていくという。本セッションでは、そうした背景をふまえ、Windows Mobile 5.0の機能紹介を中心に進めながら、パートナーからのソリューション提供が呼びかけられた。

■Windows Mobile 5.0の基本機能
 セッションの前半は、デモを交えたWindows Mobile 5.0の基本機能の紹介がされた。ウィルコムのW-ZERO3[es]を例にとったダイヤルキーとスライド式QWERTYキーのデュアルキーボードや、ActiveSync 4.2の改善といったユーザビリティの向上のほか、FIPS 140-2 レベルに対応したセキュリティの向上が強調された。また Windows Mobile5.0 に組み込まれているWindows Office Mobileについても、Excel Mobileのグラフ表示やPowerPoint Mobileのアニメーションおよび拡大表示などの新しい機能、さらにはパートナー開発によるアプリケーション例が紹介された。

■Windows Mobile 5.0のビジネスソリューション
 ビジネスソリューションとして例示されたのは、まず上司と部下のメールのやりとりである。各種のOfficeデータを添付したメールを送受信し、必要なときに必要な場所で作業できるためのソリューション。また、外勤者がRemote Accessによって社内データにアクセスするケースでは、Webサーバを介して、あるいは直接SQL Serverに対してWindows Mobileから在庫データの確認や取り込みを行なったり、さらにはVPN 接続やASPサービス、SQLサーバのソリューションが考えられる。

■Outlook Mailの強化とセキュリティポリシーの適用
 Windows MobileにMessaging and Security Feature Packを搭載することで、Exchange Server 2003 SP2および2007との間で、Outloook Mobileをより使いやすくしたり、デバイスに対するセキュリティポリシーを設定したりすることが可能になる。

 「ダイレクト プッシュ」は、サーバ側から定期的にアクセスすることでメールボックスを自動的に同期するテクノロジーである。これは、Windows Mobileからサーバに対して定期的にPINGリクエストを行ない、新着メールを取得するもの。コネクション確立にどのくらいのパケットが必要になるか気になるところであるが、1回につき370バイトで、15分に1回のリクエストを1カ月行なうと1.06MBとなる。将来的にはサードパーティのデバイスやソフトウェアもサポートする予定とのことだが、通信事業者のネットワークに依存する機能であることに注意が必要だ。

「リモートワイプ」はExchangeからデバイスを強制的にデータ消去する(工場出荷状態にする)機能、「ローカルワイプ」はExchangeで設定した回数以上のパスワード入力失敗で自動的にデータ消去する機能である。端末の紛失などが実際の利用シーンから多く聞かれることから新たに追加されたもので、多段階でのセキュリティ対策がほどこされている。

 最後に、日本ではWindows Mobile端末は現時点で3機種しか登場していないが、全世界ではすでに100種以上あり、日本でもsmartphoneを含めた新しいデバイス、およびアプリケーションを投入していくと結んだ。
《柏木由美子》

関連ニュース

特集

page top