眞鍋かをり、“しゃちょー”としてプレゼン!「テレビより緊張した」 | RBB TODAY

眞鍋かをり、“しゃちょー”としてプレゼン!「テレビより緊張した」

エンタメ その他

プレゼンテーションを行なう眞鍋かをりさん
  • プレゼンテーションを行なう眞鍋かをりさん
  • 「目標は大きく“日本最大級の「しゃいん」を多く集めること」
  • 武藤常務より、眞鍋さんに激励の花束贈呈
  • モットーとして“女の子は楽しいが仕事です”を掲げています
 タレントの眞鍋かをりさんがムトウの手がける新プロジェクト「ハッピークエスト」のプロジェクトリーダーに就任。東京・六本木で行なわれた記者会見に“しゃちょー”として、駆けつけた報道陣を前にプロジェクトのプレゼンテーションを行ない、決意表明としてその意気込みを語った。

 「ハッピークエスト」は通信販売の中心顧客である20代女性の流行、嗜好性などの潜在的ニーズの収集などを目的としたプロジェクトで、その活動の一環として参加型コミュニティサイト「happy QUEST」を立ち上げ、9月1日よりスタートする。“女の子は楽しいが仕事”をメッセージとして、プロジェクトリーダー兼“しゃちょー”の眞鍋かをりさんが様々なテーマに焦点をあて、一般参加の20代女性らから“楽しい情報”を収集、参加者たちと共有し、追求していく。

 サイト内には“りょこー部”や“ぐるめ部”といった会社組織に見立てた部門が設置され、一般参加者はこの会社の“しゃいん”として自分の興味のある分野に所属する。ムトウでは当該コミュニティサイト上で会員が交流している情報などから“20代女性の関心度の高い情報”“流行”などの潜在的ニーズを探る。

 眞鍋さんはこのプロジェクトについて「利益を上げるとか追求するとか、売り上げを多くするとか、そういう概念はまったくありません。メッセージに共感、賛同頂ける方をどれだけ多く集めることが出来るかが目的となっています。目標は大きく“日本最大級の「しゃいん」を多く集めること”だと思っています。会社の“しゃちょー”として、とりあえずみんなをまとめて「happuQUEST」という会社をドンドンと運営していこうと思っています。精一杯頑張ります」とプレゼンテーションの中で語った。また、就任の意気込みを「楽しみながら肩の力を抜いて、“しゃいん”の方々とがんばっていきたいと思います。興味のある方は大歓迎なのでドンドン「かいしゃ」に入って下さい」と話した。記者会見では放映されるTVCMの発表が行なわれたほか、武藤常務より、眞鍋さんに激励の花束贈呈なども行なわれた。
《稲葉九》

特集

page top