KDDI、イッツコムと固定電話サービスの提供などで業務提携 | RBB TODAY

KDDI、イッツコムと固定電話サービスの提供などで業務提携

ブロードバンド その他

 KDDIは31日、CATV事業者のイッツ・コミュニケーションズ(イッツコム)と、通信サービスにおいて広範囲な業務提携を行うことに基本合意したと発表した。この合意によりイッツコムは、CATVブロードバンド網を利用した「多チャンネル放送」「インターネット」「電話」による本格的なトリプルプレイサービスを提供できる体制が整うことになる。

 今回の合意についてKDDIは、「これまでもケーブルテレビ事業者各社へのケーブルプラス電話の提供を進めてきましたが、イッツコムとは将来のサービス展開を見据えた事業基盤拡大の観点から、ケーブルプラス電話の提供に加え、より広い範囲での業務提携を行うことにいたしました」と発表している。

 今回の発表に伴い両社は、基本合意に基づく業務提携の第一弾として、イッツコムのケーブルテレビ網とKDDIの中継網「CDN(Contents Delivery Network)」を活用した固定電話サービス「ケーブルプラス電話」を、2007年4月に提供開始することを目指して準備を進めるとしている。

 また今後は、携帯電話との連携によるFMC(Fixed Mobile Convergence)を加えた「クワトロプレイ」の実現も視野に入れた協業・新サービスの提供や、CATVブロードバンド網を利用したサービスに加え、両社の既存サービスを組み合わせたスキームの構築や拡充など、質の高いさまざまなサービスの提供を検討していくとしている。
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top