富士写、顔検出機能搭載の10.2倍ズームレンズ一体型デジカメ「FinePix S6000fd」 | RBB TODAY

富士写、顔検出機能搭載の10.2倍ズームレンズ一体型デジカメ「FinePix S6000fd」

 富士写真フイルムは、独自の画像処理ソフトによる世界最速の顔検出機能「顔キレイナビ」を搭載した、レンズ一体型のデジタルカメラ「FinePix S6000fd」を9月上旬に発売する。価格はオープン。

IT・デジタル デジカメ
FinePix S6000fd
  • FinePix S6000fd
 富士写真フイルムは、独自の画像処理ソフトによる世界最速の顔検出機能「顔キレイナビ」を搭載した、レンズ一体型のデジタルカメラ「FinePix S6000fd」を9月上旬に発売する。価格はオープンで、実売予想価格は59,800円前後。

 FinePix S6000fdは、撮像素子に630万画素1/1.7型スーパーCCDハニカムHRを採用し、35mmフィルム換算の焦点距離が28mm〜300mm相当の超ワイドレンジ高精細フジノン10.7倍光学ズームレンズと2.5型液晶ディスプレイを搭載した、レンズ一体型の一眼レフカメラ。なお同社では、レンズ一体型で電子ビューファインダー搭載のデジタルカメラのことを「ネオ一眼」と呼んでいる。

 本製品に搭載された機能である「顔キレイナビ」は、最短約0.05秒で最大10人の顔を一度に検出でき、人物の顔にピントを合わせたうえで、さらに顔を適切な明るさに自動調整するというもの。従来ピントが合いにくかった暗いシーンでも、超高感度との相乗効果により顔検出ができるほか、背景にピントが合いがちだったツーショット撮影やガラス越しの撮影などでも意図どおりの撮影が可能になるとしている。

 また撮影感度では、光をより効率的に捉える「スーパーCCD ハニカムVI HR」と、画像処理エンジン「リアルフォトエンジンII」の搭載により最高ISO3200の超高感度を実現しているのに加え、ISO3,200での撮影時においても低ノイズで高解像度の画像が得られるという。

 本体サイズは幅130.7×高さ97.2×奥行き119.5mm、重さ(撮影時)は約660g。電源には単3形アルカリ乾電池×4本または単3形ニッケル水素電池×4本(別売り)を採用し、電池寿命(CIPA規格)はアルカリ乾電池で約200枚、ニッケル水素電池2500で約400枚。記録メディアにはxDピクチャーカードを採用しているのに加え、10Mバイトの内蔵メモリを搭載している。

 このほかのFinePix S6000fdの主なスペックは以下のとおり。

●FinePix S6000fd
・レンズ:フジノン光学式10.7倍ズームレンズ
 −焦点距離:f=6.2〜66.7mm(35mmフィルム換算:28〜300mm相当)
 −開放F値:F2.8〜F4.9
・絞り:F2.8〜F11(最大13段)、1/3EVステップ
・撮影感度:AUTO、ISO100/200/400/800/1600/3200
・シャッタースピード:30秒〜1/4000秒(メカニカルシャッター併用)
・最大記録画素数:2,848×2,136ピクセル(610万画素)
・フラッシュ:自動ポップアップ式、CCD調光によるオートフラッシュ
 −撮影可能範囲(感度AUTO時) 広角:約60cm〜8.3m/望遠:約2.0〜4.6m/マクロ:約30cm〜2.0m ※アクセサリーシューなし
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top