AII、企業向けに月額一定の「データ転送量1テラバイトパック」サービスの提供を開始 | RBB TODAY

AII、企業向けに月額一定の「データ転送量1テラバイトパック」サービスの提供を開始

エンタープライズ その他

 エー・アイ・アイ(以下、AII)は、企業ホームページにブロードバンドコンテンツ配信を手頃な価格で導入できる「データ転送量1テラバイトパック」サービスの提供を開始した。

 昨今、企業ホームページにおいても動画コンテンツ配信を行う事例が増えており、また動画ファイルのビットレートも高帯域化しているが、一般的な動画ホスティングサービスで不特定多数に向けて高画質なコンテンツを配信する場合、コストが大きな問題となっていた。

 そこでAIIでは、月額固定のリーズナブルな料金で十分なデータ転送量を利用でき、大容量かつ安定した回線と耐障害性に優れた配信システムを用いた、データ転送量1テラバイトパックの提供を開始したとしている。ブロードバンドコンテンツの配信のみにAIIホスティングサービスを利用するため、企業の既存のホームページサーバーへのアクセスライン増強といった追加設備負担なしで導入できる。

 データ転送量1テラバイトパックは初期費用10万円、月額費用35万円で、月間1Tバイトまでのデータ転送量(情報転送量)と、5Gバイトまでのディスク容量が利用できる。提供帯域は最大20Mbpsのベストエフォート型。なお、DRM、セッション認証、国内限定配信、課金認証システムはオプションにて提供される。

 なお、データ転送量1Tバイトで配信できる目安としては、500Kbps・30秒のコンテンツの場合57万回、500Kbps・10分のコンテンツならば2万8,000回。
《小笠原陽介》

関連ニュース

特集

page top