「8月だよ全員集合!So-netキャラクター夏祭り」が大反響スタート | RBB TODAY

「8月だよ全員集合!So-netキャラクター夏祭り」が大反響スタート

エンタメ その他

開場直前のラパン・エ・アロ。日傘をさした親子連れが目立つ
  • 開場直前のラパン・エ・アロ。日傘をさした親子連れが目立つ
  • かならず当たる福引きは1回300円。3等の黄色い袋は防災グッズセット。これなら置き場所を忘れることは絶対になさそうだ
  • 定番のプライズも設置されていた
  • お祝いに届いていた花も、キャラクターぬいぐるみ付きでカワイイ
  • 来場者全員に限定うちわ入りの袋が配られていたのだが、当たり券が入っていた場合、その場ですぐにプレゼントがもらえるという、ちょっと嬉しい仕掛け付き
  • 汗だくになりながら、スタッフが誘導
  • リブリーアイランド仕様の限定バイオが展示されていた
  • 貴重な漫画原画の展示も行われていた。まぢかでじっくり見られる
 So-netは8月18日(金)から20日(日)までの3日間、ユーザ参加型イベント「8月だよ全員集合!〜So-netキャラクター夏祭り〜」を東京・青山にて開催している。

 開催場所は、「LAPIN ET HALOT(ラパン・エ・アロ)」(東京都渋谷区神宮前5-44-2、東京メトロ銀座線・千代田線・半蔵門線表参道駅A1/B2出口より徒歩5分)で、入場料は無料。会場には、PostPet、Harbot、Livly IslandなどSo-netの人気キャラクターをモチーフとした応募作品300点の展示や人気投票をはじめ、キャラクターの企画資料展示、限定グッズや福袋の販売などが行われるというものだ。

 スタート初日の本日18日午前に記者が会場に着くと、すでに長蛇の列! 開場1時間前にもかかわらず、すでに200人以上のお客さんが入場待ちとのこと。昨日までの曇天がウソのような快晴で、あまりの暑さにみんな汗だくになりながら開場を待っている。子どもにも大人気のキャラクターが集まるということで、親子連れの人たちが目立つ。

 So-netキャラクターの全員集合で注目を集めたということもあるが、応募作品を見たいという人、会場限定のトランシロンカードや福袋が目的という人、とりあえずお祭りっぽいイベントが好きという人、着ぐるみと写真を撮りたい人、…といろんな楽しみを目当てに大人数が集まり、開場時点では300人近くの列になっていた。予想以上の大反響だったようで、So-netのスタッフたちもうれしい悲鳴をあげながら、全員汗だくで対応に追われていた。

 定刻になり開場した後は、応募作品や漫画の原画、絵コンテなどを見物。人気投票により大賞が決まるということで、見物しているチビッ子も結構真剣。アンケート用紙を握りしめながら、会場を何度も行ったり来たりしていた。

 力作の数々を堪能した後は、グッズ販売に並ぶという人たちが多かったが、ここでもまた長蛇の列。So-netスタッフも午後から急遽整理券を発行し混雑解消に当たったが、一時は列が長くなりすぎて道路にはみ出すほどに。とにかく、キャラクターの人気の高さに驚かされた。

 ここでやっと、着ぐるみのモモが登場。並んでいるお客さんたちを和ませながら、プチ撮影会が始まった。オールドファンとしては、やはり一番人気はポストペットのモモなのかなあ、と漠然と思っていたが、現在の会員数で見ると、リブリーアイランドが約56万アカウント登録もありもっともユーザ数が多いとのこと。「小学5年生」や「ちゅちゅ」で漫画連載もされているので、幼年層ファンが多いのが強みのようだ。

 ポストペット、ハーボット、リブリーアイランドという、So-netの“看板キャラクター”たちが全員集合したこのイベント。当日の晴天の暑さ以上に、お客さんたちの“熱さ”がすごいイベントだった。応募作品の数々も力作が多かったので、それについては別記事でお伝えしたい。とにかくキャラクターものに目がない人なら、明日あさってでもいいので、青山に表参道に行ってみよう。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top