ウィルコム、次世代PHSシステム開発・導入に向け2.5GHz帯での無線局実験免許を取得 | RBB TODAY

ウィルコム、次世代PHSシステム開発・導入に向け2.5GHz帯での無線局実験免許を取得

ブロードバンド その他

 ウィルコムは、次世代PHSシステムの開発・導入に向けた活動の一環として、総務省より無線局の実験免許状を8月1日(火)に取得したと発表した。

 今回の無線局実験免許取得は、次世代PHSシステムの実証試験として、広帯域移動無線アクセスシステム(ブロードバンドワイヤレスアクセスシステム)で使用することが想定されている2.5GHz帯での取得となる。今後は、2.5GHz帯でのOFDMシステムの伝送実験等を中心に、次世代PHSシステムの開発・導入に向けた実験・評価活動を実施し、伝送速度20Mbpsの実現を計画しているという。

 実験は2006年8月上旬から1年間を目途に実施する予定。虎ノ門地域のビルに1か所、郊外に1か所、それぞれにアンテナ及び基地局実験設備を設置。2.5GHz帯の周波数において、ウィルコムの次世代PHSシステムの中核技術の一つであるOFDM技術に、現行システムで採用しているアダプティブアレイアンテナ技術を採用した場合の性能評価、および次世代PHSシステムにMIMO技術を採用した場合の性能評価などを中心とした実証実験を行う。

 ウィルコムは、ワイヤレスブロードバンドの実現を目指し、次世代システムの実用化に向けた活動を推進するとともに、ITU(International Telecommunication Union)、PHSMoUグループにおける国際標準化など、日本国内のみならず世界への普及も視野に入れ、関係機関・団体での標準化活動および普及啓蒙活動に取り組んでいくとしている。
《小笠原陽介》

関連ニュース

特集

page top