DTI、携帯電話ユーザー宛てOutbound Port25 Blockingの制限対象を拡大 | RBB TODAY

DTI、携帯電話ユーザー宛てOutbound Port25 Blockingの制限対象を拡大

ブロードバンド その他

 ドリーム・トレイン・インターネット(DTI)は、同社のインターネット接続サービス「DTI」で実施している携帯電話ユーザー宛ての迷惑メール送信防止対策(Outbound Port25 Blocking)について、8月15日より制限の対象となる接続プランと携帯電話事業者の拡大を実施する。

 同社では、NTT東日本・西日本のフレッツサービスを利用した接続プランから、NTTドコモグループ、KDDI、沖縄セルラー、ボーダフォンのメールサーバに対して迷惑メールの送信を制限するOutbound Port25 Blockingを2006年2月より実施している。今回の規制強化では、新たにウィルコムが制限対象携帯電話事業者に加わったほか、以下の接続プランが送信制限の対象となった。

●FTTHプラン
 フレッツ光ファミリープラン
 フレッツ光マンションプラン
 フレッツ光ベーシックプラン
 Magic FTTH Family
 Magic FTTH Building
 Magic FTTH Basic

●ADSLプラン
 イー・アクセスADSLプラン(追加)
 アッカADSLプラン(追加)
 フレッツADSLプラン
 Magic ADSL-F

●ダイヤルアップ
 フレッツISDNプラン
 Magic IP網
 AIR-EDGEプラン(追加)

●モバイル(オプション)
 AIR-EDGE(追加)
 PacketWIN(追加)
 PacketOne(追加)
 DAL(追加)
 フレッツ・スポット
 @FreeD(追加)

 なお、携帯電話以外のメールアドレス宛てのメール送信については、11月上旬より順次拡大する。Outbound Port25 Blockingの対象となるのは、DTIのメールサーバを経由せず、「SMTP Port(TCP/25)」を利用したすべてのメール配信。これには、DTI以外のISPや企業などが提供するメール送信サーバへの接続も含まれる。DTI以外のメール送信サーバを利用するには、「サブミッションポート(TCP/587)」を利用する必要がある。

 また、法人向けサービス「DTI-Magic」で固定IPアドレス接続サービスを利用している場合は、この制限は適用されない。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top