ショッピングSNS「ビルコレ」、SNSの内容を一部外部に公開〜Web2.0事業戦略発表会 | RBB TODAY

ショッピングSNS「ビルコレ」、SNSの内容を一部外部に公開〜Web2.0事業戦略発表会

エンタメ その他

ビルコム代表取締役兼CEOの太田滋氏
  • ビルコム代表取締役兼CEOの太田滋氏
  • ビルコレ内でレビューを書けば、すぐにブログ貼り付けが可能になる
  • 自動的に生成されたHTMLは「1クリックコピーボタン」で手軽にコピーできる
 ショッピングSNS「ビルコレ」を運営するビルコムは7月31日に、マスコミに向けて「Web2.0事業戦略発表会」を行った。その席で、「ビルコレ」の新機能として、SNSの内容を外部に公開し、ブログなどに貼り付けられる「ブログでオススメ」を実装したことを発表した。

 amazon、無印良品、Apple Store、UNIQLO、じゃらんなど、ビルコレに参加している75サイト・約200万点の商品を、画像付で簡単に自ブログ内で紹介できるサービスとなっている。自動的に生成されるHTMLを自ブログ内に貼り付けるだけで、ビルコレ内の商品レビューページにリンクされる形で、商品紹介を自ブログ内に記述できる。このリンクを介して非会員がビルコレに登録したうえで商品を購入した場合、通常のアフィリエイトに加えて、現金に還元できるボーナスポイントが紹介会員には付与される。HTML部分は“HREFタグに対応しているブログ”であれば基本的に対応可能であり、ココログ、アメーバ、goo、はてなダイアリーなど、国内主要ブログサービスのほぼすべてに対応している。現状では基本的にYahoo!ブログのみ非対応とのこと。また、情報の公開部分については、あくまで商品の紹介や感想文のみで、ユーザプロフィールなどは非会員には公開されない。

 同社CEOの太田滋氏は「現在のSNSは、あくまでネットコミュニティの延長であり、真の意味でWeb2.0とは考えていない。会員数が増えたことで、信頼感・安心感の醸成も困難になってきている。またブログとの類似性も高まりつつある。ビルコレはブログとSNSの“マッシュアップ”を行うことでWeb2.0を目指す」との考えを述べた。実際、写真付きの商品紹介を極めて簡単に行えるため、自ブログ内でアフィリエイトを行っているユーザにとっては、かなりの作業の簡略化が期待できる。

 今後は各ブログ事業者とのプロモーション強化も行う方向で、第1弾として8月21日より、はてなダイアリーに期間限定ページを開設、ニンテンドーDS Liteが当たるプレゼントを実施する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top