デノン、iPod再生に対応した大型ディスプレイ搭載AVサラウンドアンプ | RBB TODAY

デノン、iPod再生に対応した大型ディスプレイ搭載AVサラウンドアンプ

IT・デジタル その他

 デノンコンシューマーマーケティングは、エントリークラス向けのディスクリート構成7chパワーアンプ「AVC-1630」を8月上旬に発売する。価格は58,800円。

 AVC-1630は、AVC-1620をベースに改良を加えた後継モデル。上位機種と同様の大型2桁表示のディスプレイを搭載するほか、別売のiPod用コントロールドック「ASD-1R」を接続すれば本機のリモコンでのiPodのコントロールや再生が可能。100MHz帯域までスイッチング可能なコンポーネントD端子を搭載し、コンポジット、Sビデオからコンポーネント信号へのアップコンバージョンにも対応する。

 32bitフローティングポイントタイプDSP「SHARC」の採用に加え、96kHz/24bit対応デジタルインターフェースレシーバーも備える。定格出力は80W×7ch(8Ω)、実用最大出力は135W×7ch(6Ω)。対応サラウンドフォーマットは、DTS-ES、DTS96/24、DTS Neo:6、DTS、Dolby Digital EX、Dolby Digital、Dolby Pro Logic IIx、AAC。入力信号に応じて最適なサラウンドモードを自動設定する「オートサラウンドモード機能」を搭載する。

 サラウンドバックチャンネルのパワーアンプをフロントチャンネルに割り当てることで、フロントチャンネルをスピーカーに倍アンプ接続できる、サラウンドバックチャンネルのアサイン機能により、さらに高音質な音楽再生が可能だ。

 サイズは434×147×417mm、重さは11.6kg。消費電力は240W。リモコンが付属する。入出力端子は、オーディオ入力がアナログ8系統、8chアナログ入力1系統、光デジタル2系統、同軸デジタル2系統、オーディオ出力がレックアウト2系統、8chプリアウト1系統、光デジタルアウト1系統、ビデオ入力がコンポジット4系統、S端子3系統、D4端子3系統、ビデオ出力:コンポジット2系統、S端子2系統、D4端子1系統。
《富永ジュン》

特集

page top