松下、デジタルWチューナー搭載のHDD&DVDレコーダー「DIGA」など3機種 | RBB TODAY

松下、デジタルWチューナー搭載のHDD&DVDレコーダー「DIGA」など3機種

IT・デジタル レコーダー

DMR-XW50
  • DMR-XW50
 松下電器産業は、地上・BS・110度CSデジタルチューナーを搭載したHDD&DVDレコーダー「ハイビジョンDIGA(ディーガ)」の新シリーズとして、500GバイトHDD内蔵モデル「DMR-XW50」、400GバイトHDD内蔵モデル「DMR-XW30」、200GバイトHDD内蔵モデル「DMR-XP10」の3機種を9月1日に発売する。価格はいずれもオープンで、実売予想価格は順に16万円前後、13万円前後、9万円前後。

 DMR-XW50/XW30/XP10の3製品は、新開発の高画質回路「美画質エンジン」を採用し、デジタル放送特有のノイズを抑えているという。毎週・毎日録画した番組を自動でフォルダにまとめ、シリーズでの番組管理ができる新「再生ナビ」を搭載。

 同社の薄型テレビ「VIERA」やシアター機器とHDMIケーブルで接続すれば、VIERAのリモコン1つで操作できる「VIERA Link」に対応。

 3モデルともにSDメモリーカードスロット(SDHCカード対応)を装備し、SDメモリーカードに保存したデジカメ写真をテレビに表示できる「テレ写」機能に対応。

 また、XW50とXW30は、デジタル放送の2番組同時録画ができる「デジデジどっちも録り」機能を搭載。CDからHDDに音楽を保存、SDメモリーカードで音楽を持ち出せる「SD音楽」に対応している。

 さらに、最上位モデルのDMR-XW50は、1,080pプログレッシブハイビジョン出力を搭載しており、ハイビジョン放送のインターレース信号を高精細なプログレッシブ信号に変換して出力できる。

 インターフェースは、HDMI出力×1、D4出力×1、i.LINK入出力×1(XP10はなし)、Sビデオ出力×1、ビデオ出力×1、光デジタル音声出力×1、2chアナログ音声出力×2、Sビデオ入力×2(XP10は1)、ビデオ入力×2(XP10は1)、2chアナログ音声入力×2(XP10は×1)、Ethernet×1を用意する。
《高柳政弘》

関連ニュース

特集

page top