松下、広角端28mmの720万画素薄型コンパクトデジカメ「LUMIX DMC-FX50/FX07」 | RBB TODAY

松下、広角端28mmの720万画素薄型コンパクトデジカメ「LUMIX DMC-FX50/FX07」

IT・デジタル デジカメ

LUMIX DMC-FX50
  • LUMIX DMC-FX50
  • LUMIX DMC-FX07
 松下電器産業は、有効720万画素1/2.5型CCD搭載の薄型コンパクトデジタルカメラ「LUMIX DMC-FX50」「同FX07」を8月25日に発売する。価格はいずれもオープンで、実売予想価格は3.0型23.0万画素液晶採用のFX50が5万円前後、2.5型20.7万画素液晶採用のFX07が48,000円前後。

 カラーバリエーションは、FX50がシルキーシルバー、ミスティピンク、エクストラブラックの3種類、FX07がシルキーシルバー、グロスゴールド、エクストラブラック、コンフォートレッドの4種類を用意する。

 FX50とFX07は、画像処理LSI「ヴィーナスエンジンIII」を採用し、カメラが被写体の明るさに加え、被写体の動きを検知し、自動でシャッター速度とISO感度を設定する「インテリジェントISO感度コントロール機能」を装備する。レンズは広角端28mm相当の光学3.6倍ズームを搭載し、光学式手ブレ補正機構を内蔵。液晶ディスプレイおよび本体サイズ、バッテリー寿命以外のスペックは、すべて共通となっている。

 記録メディアは、SD/SDHCメモリーカード。最大記録解像度は、静止画が3,072×2,304ピクセル、動画が848×480ピクセル。撮像感度はISO100〜1,250、高感度撮影モード時ではISO3,200をサポートした。

 FX50の本体サイズは幅97.7×高さ57.1×奥行き25.1mm、重さは約151g。FX07の本体サイズは幅94.1×高さ51.1×奥行き24.2mm、重さは約132g。電源にはリチウムイオンバッテリーを採用し、電池寿命(CIPA規格)はFX50が約300枚、FX07が約320枚としている。
《高柳政弘》

関連ニュース

特集

page top