goo、6月の月間検索&決勝戦直前期W杯関連検索キーワードランキングを発表 | RBB TODAY

goo、6月の月間検索&決勝戦直前期W杯関連検索キーワードランキングを発表

エンタメ その他

 インターネットポータルサイト「goo」は、2006年6月月間検索キーワードランキング、および決勝戦直前期W杯関連検索キーワードランキングを発表した。

 「月間キーワードランキング」は、2006年6月1日〜6月30日の期間に「goo」で検索されたキーワードの検索回数に基づくもの。「決勝戦直前期 W杯関連検索キーワードランキング」は、ドイツW杯の決勝戦を目前に控えた6月25日〜7月4日のサッカー関連キーワードの検索数に基づくもの。

 6月の急上昇ランキング1位は、決勝戦に向けて国の誇りをかけた戦いが行われる「ワールドカップ」(1位)、続く2位は、検索回数が右肩上がりをみせる「YouTube」(2位)、3位は、カップル成立に沸く展開に検索数が急上昇した「あいのり」(3位)となった。またワールドカップ関連のキーワードとしては、ブラジル代表との試合後、ピッチに倒れ込んだシーンが印象的だった「中田英寿」(7位)、NHKでのテーマソングを歌う「オレンジレンジ」(10位)もランクインしている。

 6月の出来事として特徴的なキーワードは、「タイヨウのうた」(29位)で初主演映画を果たした歌手の「YUI」(5位)、社会現象にもなっている人気漫画の映画化「デスノート」(6位)、インパクトを持つ画風がYouTubeを介して広まり話題になった「しょうこ画伯」こと「はいだしょうこ」(23位)などのエンタメジャンル、東京・港区住宅公社での事故が記憶に新しい「シンドラーエレベータ」(8位)、国民年金保険料の不正免除が発覚した「社会保険庁」(31位)、村上世彰元代表が逮捕された「村上ファンド」(44位)など、事件事故への高い関心も検索回数に表れている。

 また6月ならではのキーワードとしては、6月10日にピークを向かえた「父の日」(24位)、夏休みを控えた需要が伺える「格安航空券」(22位)が6月から検索回数が増加傾向になっている。

 一方、「決勝戦直前期 W杯関連検索キーワードランキング」では、「W杯ベスト8進出国 検索数ランキング」と題し、各選手の検索数からベスト8に進出した各国を比較し、ランキング化したものが紹介されている。

 「W杯ベスト8進出国 検索数ランキング」順位は、1位:ブラジル、2位:イングランド、3位:フランス、4位:ポルトガル、5位:ウクライナ、6位:アルゼンチン、7位:ドイツ、8位:イタリアとなった。「ロナウジーニョ」、「ロナウド」というスター選手を擁するブラジルが1位。2位のイングランドは「ベッカム」が個人でも2位と人気の高さを証明した。決勝に進出したイタリアは、検索数という観点では最下位となった。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top