TEPCOひかりの新CM撮影現場レポート 主役・志田未来ちゃんのインタビューも掲載 | RBB TODAY

TEPCOひかりの新CM撮影現場レポート 主役・志田未来ちゃんのインタビューも掲載

エンタメ その他

TEPCOひかりの新CM「ママの満足(ショッピング)編」
  • TEPCOひかりの新CM「ママの満足(ショッピング)編」
  • TECPOひかりの新CMに起用された志田未来ちゃん
  • 休日にもかかわらず未来ちゃんやスタッフの激励にかけつけた、東京電力 光ネットワーク・カンパニー プレジデントの勝又淳旺氏(左)、志田未来ちゃん(右)
  • アサツー ディ・ケイ 第2クリエイティブ本部 第4クリエイティブ局 ルーム長 エグゼクティブ・クリエイティブディレクターのサトー克也氏(右)「今回のCMは、未来ちゃんの魅力で引っ張っていきます」
  • 新CM「おじいちゃんの満足編」の撮影風景から
  • 未来ちゃんをアップで撮影
  • カメラを持ってウキウキのおじいちゃんのシーン
  • カメラに向かってピースサインを出す未来ちゃん
 東京電力は、光ファイバ通信サービス「TEPCOひかり」のさらなる認知度アップや加入促進を目的として、5月27日から新CMをオンエアしている。CMは、「ママの満足(ショッピング)編」と「おじいちゃんの満足編」の2種類で、長さはいずれも15秒。テレビCMの放映地域は、首都圏となっており、今回は子役の志田未来ちゃん(13歳)を起用した。

 志田未来ちゃんは、日本テレビ系ドラマ「女王の教室」で児童のリーダー役である神田和美役を熱演し、人気上昇中だ。

 今回の新CMの撮影は、都内のスタジオにおいて行なわれた。RBB TODAY編集部では、このCM撮影現場を取材することができたので、制作の最前線に立つクリエイティブディレクターやプロデューサーの話、未来ちゃんのインタビューなど、さまざまな写真を交えながらお伝えしよう。


 まずは、新しいCMについて聞いてみた。

——新しいCMのコンセプトを教えてください

 「前回のTEPCOひかりのCMの主人公は、本上まなみさんや山田孝之さんらみんな若い人でした。今回はおじいちゃん、お母さん、お父さんも含めて幅広い層の人を主人公にしてTEPCOひかりを訴えようという趣旨で作りました。ストーリーの語り部が中学生なので、子どもにとってもやさしい、わかりやすい、安心なTEPCOひかりというメッセージを伝えたいな、と。そのために、アニメの世界の中から飛び出したようなかわいい未来ちゃん、セットはサリーちゃんの家みたいな感じを演出してインパクトを出しています」(東京電力 光ネットワーク・カンパニー 営業企画部 課長代理の渡邉和也氏)

——今回、志田未来ちゃんを主役に起用した理由は?

 「未来ちゃんを起用した理由は、今、子役ではナンバーワンだと思ったからです。「TEPCOひかり」は回線速度ナンバーワン、顧客満足ナンバーワン。このCMは、全部ナンバーワン、ナンバーワンという内容なんですよ。だから、子役もナンバーワンの未来ちゃんということです。中学生なので、だんだん子役から大人への懸け橋という年代ですね。中学生世代の子役さんには何名かに会いましたが、ひと目見たときの印象が抜群に強かった未来ちゃんがいいのでは、とTEPCOさんに推薦して決めました。僕は以前、ほかのCMで未来ちゃんとは一緒に仕事をしたこともあるので、今回のCMにはぴったりという自信もありました」(アサツー ディ・ケイ 第2クリエイティブ本部 第4クリエイティブ局 ルーム長 エグゼクティブ・クリエイティブディレクターのサトー克也氏)

——CMの制作スケジュールはきつかったですか?

 「今回は超タイトでしたね。(笑)とにかく“いいモノを納期通りにつくる”ということしか考えていなかった。ですが、TEPCOの皆さんもスタッフも、皆気心の知れた阿吽の呼吸が通じるメンバーなので、とても楽しく、うまくいっていると思います」(葵プロモーション チーフプロデューサーの青木豊氏)

 CM撮影後、主演の志田未来ちゃんはインタビューにも明るく元気に応えてくれた。

——今回のCMは光ファイバインターネット「TEPCOひかり」のテレビCMですが、未来さんはパソコンやインターネットは使っていますか?

 「たまに父のパソコンを使っていますが、あまり詳しくはないんです」

——趣味は何ですか?

 「いろいろあるのですが、いま1番凝っているのは(携帯)メールです」

——学生と仕事の両立は大変ですか?

 「大丈夫です。友だちがノートを見せてくれたり、わからないところを教えてくれたりしますので」

——得意な科目は?

 「得意……なのかな……(笑)ないですが、好きな科目は数学です」

——苦手な科目は?

 「社会です」

——好きな食べ物は?

 「ツナです!」

——将来の目標は?

 「今はこのまま(女優を)続けていければいいなぁ、と思っています」

——女優以外の仕事にも挑戦したいと思いませんか? 例えば、歌手は?

 「歌手は今のところ考えていません。わたし、すごい音痴なんですよ(笑)」

——未来ちゃんが出演したドラマ「女王の教室」では歌を披露していましたが、実際に歌っていなかったのですか?

 「歌ってました。だから、音が外れちゃってたでしょ(笑)」

——今後、演じたい役は?

 「ギャルとか、ヤンキーなどの役です」

——未来ちゃんの外見とは全く違う印象ですが?

 「はい、外見は『明るく元気な女の子』に見えるとよくいわれます。内面も外見どおり、明るく元気な性格ですが(笑)、役ではギャルやヤンキー役を演じてみたいですね」

——目標にしている女優さんは?

 「好きな女優さんは松下由樹さんです」

——今回のCM撮影について感想は?

 「TEPCOひかりはCMソングが印象的ですから、このスタジオに来るまでは、歌かぁ…私歌うのかなぁ……歌かぁ…とビクビクしていたのですが、セリフだけで歌わなくてよかったんですね。それで安心しました。このCMの撮影現場はとっても楽しかったですし、みんな一生懸命頑張って撮影しました。このTEPCOひかりのCMをぜひ見てください!」

——最後に何かポーズをお願いします。

——どうもありがとうございました。


 志田未来ちゃん(13歳)は、3月に小学校を卒業し、中学1年生になったばかり。普段の表情には、まだあどけなさも残っているが、いったんカメラを向けられると大人顔負けに役を演じ、ディレクターからのさまざまな要求もそつなくこなす。そこには、子役だからという甘えはみじんも感じられない。13歳の若さにしてこの豊かな表現力、今後の活躍がますます楽しみだ。将来、大女優となっても今持っている謙虚さは忘れないでいてほしい。


 また5月25日(木)〜31日(水)までの1週間、東京・JR恵比寿駅の西口改札前にTEPCOひかりのプロモーションブースが出ており、スタッフからじっくり説明を聞いたり、加入申し込みができる。このブースでも今回のCMが流れているとのことなので、近くに出かけた際には立ち寄ってみてはいかがだろうか。
《高柳政弘》

関連ニュース

特集

page top